佐藤江梨子が朝ドラ「半分、青い。」に出演!演技力はあるのか??

Pocket

サトエリこと「佐藤江梨子」さんが、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演することがわかりました!!

佐藤江梨子さんといえば元イエローキャブ所属のグラビアアイドル。

現在は、ブラジル人の男性と結婚して、男の子を授かっています。

「元グラビアアイドルが演技がウマいわけがない!!」

なんて偏見持っていませんか??

「小池栄子」さんを見てみてください!!

「小池栄子」さんも、元イエローキャブ出身のグラビアアイドルでした。

「八日目の蝉」での演技はとても素晴らしかったです!

日本アカデミー賞優秀助演女優賞はダテじゃないですね。

さてさて、これでグラビアアイドルから女優に転身した人への偏見はなくなったと思うのですが・・・

実際、「佐藤江梨子」さんに関しての演技力は賛否評論です

演技がウマくものないし、ヘタでもないっていったところですね(;^ω^)

だだ、「佐藤江梨子」さんがとても良い演技をしたと言われる作品はございます。

その実力をいかせれば、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でも十分すぎる爪痕をのこせると思います。

ピンチがチャンス!!

「佐藤江梨子」さんは、「半分、青い。」で演技がヘタだとレッテルを跳ね返すことができるのでしょうか!?

佐藤江梨子 プロフィール

芸名     佐藤江梨子
生年月日   1981年12月19日
年齢     36歳
出身地    東京都(父親が転勤族の為、その後は仙台⇒神戸⇒大阪⇒東京)
血液型    AB型
事務所    ノックアウト
ジャンル   女優・タレント

佐藤江梨子 「嵐の涙」の演技が酷評

実は、この「嵐の涙~私たちに明日はある~」が酷評されているのには理由があります。

「佐藤江梨子」さん・・・この仕事がはじまるまで産休していたんです。

いわば、ブランクがあったといっても過言ではありません。

しかも、いきなりの主演ですw

本人もプレッシャーが空回りして演技がヒドイなんて酷評されたのではないでしょうか。

では、どういった演技で酷評されるようになったのかというと・・・

セリフが棒読みの為、細かい演出が台無しになっているいう意見が大多数でした。

実際、私も「嵐の涙~私たちに明日はある~」を見た事があるのですが・・・

そんなに言うほど「佐藤江梨子」さんが棒読みの演技をしていたという事はなかったように思います。

しかし、なぜここまで「佐藤江梨子」さんの演技についてこのドラマだけ多くの酷評が出たかと言うと。。。

「嵐の涙~私たちに明日はある~」がツッコミどころの多いドラマだったのが原因です。

ようは、世の主婦たちから「おもしろくない!」というレッテルをはられたドラマだったからです。

脚本にも問題があったので、どうしても主演を務める「佐藤江梨子」さんに目が向けられることになってしまったのです。

簡単に言えば、脚本「嵐の涙~私たちに明日はある~」が悪かった!
そして、「佐藤江梨子」さんが産休明けということもありブランクが目立った!

この2点が原因でしょう!

佐藤江梨子 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の演技が高評価

実は、この「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の監督は、「桐島、部活やめるってよ」でも有名の「吉田大八」監督が作った映画です。

もともと才能が光っていた監督の下で主演を務めた「佐藤江梨子」さんは、この「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」でヨコハマ映画祭にて主演女優賞を受賞しています。

監督の力があったのはもちろんのことですが、やはり実力がないと主演女優賞なんてとれることはできないですよね!

ですが、この映画で主人公の設定がおもしろいのです。

実は、演技力が皆無なのに女優を目指すイタイ女性と言う設定の主人公だったんですよね(;^ω^)

これって、ある意味「佐藤江梨子」さんをディスって主演にしたのでは??

なんて思いこみすぎですよねw

佐藤江梨子 「その街のこども」の演技が高評価

これを私は言いたかったのです!!

この演技を「佐藤江梨子」さんが「半分、青い。」で出し切れば大きな爪痕をのこすのではないかと個人的に思っています。

実はこの映画、NHKの「阪神淡路大震災 十五周年記念ドラマ」で放送されたものにも関わらず、あまりにも高評価の為、再編集されて映画化された異例の作品でもあります!

実際、NHKの「阪神淡路大震災 十五周年記念ドラマ」で放送された時は、視聴率3%しかなかった激弱ドラマでした。

この時の、「佐藤江梨子」さんはスゴかった。。。

もうアドリブなのか脚本にのっているセリフなのかわけわからないぐらい「佐藤江梨子」さんは役に入り込んでいました!

実際、かなり見入ってしまいました( ゚Д゚)

「佐藤江梨子がやっと正体を現しやがった。。。」

なんて思いましたね。

しかし、よくよく調べてみると「佐藤江梨子」さんが、役にドップリ入り込めたのには理由がありました。

実は、「佐藤江梨子」さん・・・阪神淡路大震災の被災者なのです!

なるほど!当時の心境を思い出しながら役をこなしていたのであれば納得できます。

「佐藤江梨子」さんだからこそこなせた役だったのかもしれません。

この演技をすることができれば「半分、青い。」でも十分に爪痕を残すことができるでしょう!!

佐藤江梨子 「半分、青い。」にいつから出演するのか??

「佐藤江梨子」さんが、「半分、青い。」で出演するのは、第3週目の4月16日~4月21日とわかりました。

なんと!朝ドラでの出演は、「国仲涼子」さんが主演を務めた「ちゅらさん」以来であり、17年ぶりとの事です!

長い間、朝ドラとは無縁だったんですね(;^ω^)

ウワサでは、「佐藤江梨子」さんがボディコン姿になるそうですよ!!

子供を産んでもスタイルがかわらない「佐藤江梨子」さん。

どういった体の仕組みになっているんですかね??

体系維持をしているのであればかなりストイックに維持していることでしょう!

ボディコン姿になるって事は、スタイルに自信があっての事なので、また話題にはなるでしょうね。

「佐藤江梨子」さんのボディコン姿もきになるのですが、やっぱり目につくのは足の長さだと思います。

どこからが腰なのかわかりませんよw

佐藤江梨子 「キューティーハニー」での評価

「佐藤江梨子」さんと言えば、この作品を思い出したことでしょう!!

「シン・ゴジラ」も手掛けた「庵野秀明」監督が手がけたことでも有名ですね。

この時は、「佐藤江梨子」さんの全盛期といっても過言ではない時期だったのですが、キューティーハニーファンからは「サトエリしか考えられない!!」なんて言われていました。

個人的に思ったのは、「佐藤江梨子」さんの演技力ではなく「庵野秀明」監督の見せ方が匠を感じましたね。

衣装からキャストからすべてがパーフェクトといっても良いぐらいです。

もちろん「佐藤江梨子」さんがキューティーハニーになりきっての演技も良かったと思います。

その後、「西内まりあ」さんも「キューティハニー」になったりなんてしましたが、さはり再限度だけで言うと「佐藤江梨子」さんはバッチリのキャストでした。

まとめ

「佐藤江梨子」さんの演技力は、良くも悪くもない!っといったところでしょう。

しかし、「その街のこども」での演技を思い出せばかなりのポテンシャルをひめた女優さんになる可能性は十分にあります。

きっと、経験をつんで色がでてくる女優さんになっていくことでしょう。

さてさて、NHK朝ドラ「半分、青い。」で「佐藤江梨子」さんは爪痕を残せることができるのでしょうか?

「佐藤江梨子」さんが、「半分、青い。」で出演する期間は、第3週の4月16日~4月21日です。

ボディコン姿にも注目しつつ楽しみたいと思います。

⇒「半分、青い。」キャスト・脚本家・主題歌はこちら!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする