関ジャニ『横山裕』の生い立ちが波乱万丈だった!?

Pocket

ジャニーズ事務所の看板でもある「関ジャニ」の「横山裕」さんが、でこんなにも苦労した人とは今まで知りませんでした。。。

お昼の番組「ヒルナンデス!」で、その愛くるしくキャラであり、天然キャラでもあり、場を盛り上げさせるキャラでもある「横山裕」さん。

実は・・・家庭環境が壮絶たるものだったのです!!

「アイドルってだけで、大したこともないのに大げさにいってるだけでしょ?」

いえいえ決してそういったことはございません!

むしろこの記事は、女性よりも男性に見てもらいたいのが本音です。なぜなら、男が覚悟を決めた時の性根の強さを世の男性達に知ってもらいたいからです!!

アイドルだからって偏見だけで見てもらってはこの記事は面白くないと先に断言しておきますね。

先に言っておきます。。。「横山裕」さんは、家族のためにアイドルになりお金を稼いでいたのです。

「アイドルでなくてもよかったじゃないの??」

そう思いますよね。

でも、当時の「横山裕」さんにはそれしかなかったのです!

今回は、ジャニーズ1といっても過言じゃありませんね・・・「関ジャニ・横山裕」さんの生い立ちが波乱万丈だった理由をご紹介させて頂きます。

関ジャニ 横山裕 プロフィール

本名    横山侯隆(よこやまきみたか)
生年月日  1981年5月9日
年齢    36歳
血液型   A型
出身地   大阪府大阪市此花区
事務所   ジャニーズ事務所
グループ  関ジャニ

関ジャニ 横山裕 幼少期とは??

「横山裕」さんを語るのは、この人を外さずして語ることはできません!

その人物とは・・・「母親」です。

「横山裕」さんの幼少期は、とてもご両親から深い愛情をそそがれて育ったようです。

しかし、その幸せな家庭は一気に変わっていきます。

その理由とは、ご両親の離婚です。

その後、母親方のほうについた「横山裕」さん。

母親1人で小さい「横山裕」さんを育てるのに苦労したんでしょうね。

母親はすぐに、新しいパートナーを見つけ再婚します。

しかし、新しい父親となった養父は、母親の連れ子でもある「横山裕」さんを邪険に扱います。

そして、肉親でもある母親も同様に・・・

その結果、「横山裕」さんは祖父母に預けられ幼少期を過ごしました。

その時の、「横山裕」さんは4歳という事もあり、ある程度の判断ができる年でもあったので辛かったでしょうね。。。

「横山裕」さんの母親も、離婚して母親1人で育てていく事に不安を抱えていたことでしょう。

しかし、我が子を邪魔者扱いにしたって事だけはヤメテほしかった。。。

一番ヒドイのは母親の新しいパートナーで養父ですね!

血が繋がっていないとわかっていても邪険に扱うことまではなかったような気がします。

関ジャニ 横山裕 少年期とは??

その後、「横山裕」さんは祖父母に預けられて少年期を一緒にくらしてました。

その期間の間に、「横山裕」さんの母親と新しい父親は2人の男の子ができました。

ますます、「横山裕」さんが母親の元に帰れる環境は悪くなっていく一方です。

相変わらず、養父からの邪魔者扱いはヒドイものでした。

また、新たに生まれた「横山裕」さんにとっては弟2人ともなじめなかったそうです。

それもそうですよね。。。

だって、一緒に暮らすことができないので距離がでてしまうのは仕方がない事です。

本当に辛い立場だったんですね。

しかし、さらに「横山裕」さんに困難が立ちふさがります!!

なんと・・・「横山裕」さんが、中学校2年生の時に、祖父母が病気になったので一緒に暮らしていけなくなってしまったのです。

そして・・・なじめない養父と母親と弟2人の中に飛び込む結果になってしましました。

新しい家庭に入った「横山裕」さん。

あいかわらず養父は、「横山裕」さんを邪険に扱ったそうです。

ダンダンと深まる養父と「横山裕」さん。

そして、養父はとうとうしびれをきらし「横山裕」さんに暴力をあげるようになりました!

日に日に養父からうける暴力ヒドくなる一方で、こん棒で殴られる時もあったそうですよ。。。

その時、「横山裕」さんの肉親でもある母親は身を挺して守ってくれることはありませんでした。

そんな家庭環境にイヤケがさした「横山裕」さんは、日に日に「早く自立したい!」という事を胸に秘めていたそうです。

関ジャニ 横山裕 ジャニーズに入るキッカケとは??

新しい家庭環境になじめなかった「横山裕」さん。

中学時代はアルバイトをして、家庭にお金を入れていたそうです。

中学から親にお金を入れるって事をしていた事に感心しますが、おそらくこれはご両親からの強制だったのでは??

そんなツライ日々を送っていた「横山裕」さんに、肉親でもある母親は、もっと「横山裕」さんに働かそうと思います。

ふいに「横山裕」さんの母親が、「横山裕」さんと同い年である子供がテレビ出演しているのを見て「息子も入れるのでは??」なんて思いつきます。

そして、「横山裕」さんに「働け!!」っと言ってジャニーズ事務所に履歴書を送ったそうです

その結果、見事合格!!

「横山裕」さんが、ジャニーズ事務所に入ったキッカケは、母親の思いつきでした。

関ジャニ 横山裕 ジャニーズ期で起こった家庭環境とは??

見事、ジャニーズ事務所に合格した「横山裕」さん。

中学校3年生からレッスンにも通い始めます。

その時に、初めてできたジャニーズでできた友人が、同じ「関ジャニ」メンバーである「村上信五」でした。

お2人って、いまみてもとても仲がよさそうですものね(*´ω`*)

実は、「横山裕」さんはジャニーズでは異様な存在だったようです。

周りのジャニーズ事務所に合格した人が学生にもかかわらず、その時の「横山裕」さんは社会人でした!

実は、高校に進学せず建築会社に就職していたそうで、仕事を終えてから作業着のままでレッスン場にかよっていたそうです。
しかし、作業着のまま行くとファンがざわついた様で、それがわかってからは駅のトイレで私服に着替えて通ったそうです。

2足のワラジをはいたまま、アイドルとしてどんどんと活躍の場を広げた「横山裕」さんにここで転機が訪れます!

そう!「関ジャニ」の結成です!!

「関ジャニ」はまたたくまに売れていきました。

しかし、良い事があれば悪い事も「横山裕」さんにはありました。

母親と養父の離婚です。

離婚によって母親は3人の子供を抱えた母子家庭となってしまい、「横山裕」さんの稼ぎで生活を支える事になりました。

「横山裕」さんからしたら、イッキに責任が増えて家族の為にも一生懸命アイドルを頑張ったのかもしれません。

関ジャニ 横山裕 母親の突然死

関ジャニが飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている頃、突然の訃報が「横山裕」さんに届きます。

それは・・・母親がスーパーに買い物へ行っていた際に、突然倒れてそのまま亡くなったという知らせでした。

実はこの頃、「横山裕」さんはコンサート中だったのです。

周りのスタッフはコンサート中止を提案しましたが、「横山裕」さんがコンサートを中止することはありませんでした。

「(コンサート中止)それでは、母親が悲しむ」

すごいプロ根性です。

そして、コンサートは予定通り開催され、「横山裕」さんは、何度も泣き崩れそうになりながらもプロとして、そしてファンの為にも歌い切りました。

まとめ

「横山裕」さんが、小さい時に両親が離婚。

母親が再婚。

養父と母親から邪険に扱われて祖父母に引き取られる。

母親の新しい家族に、2人の男の子が生まれて、より戻れる環境が辛くなる立場になる。

祖父母が病気の為、また養父と母親と一緒に暮らすようになる。

養父からのDV。

このように、「横山裕」さんはとても生い立ちが波乱万丈であることがわかりました。

現在、養父と母親との子供である弟2人とはとても仲が良いとの事。

弟の専門学校費用・大学費用は「横山裕」さんがだしたそうです。

一人の男として「横山裕」さんを尊敬しなければならないと思いました。

母親に振り回された幼少期~青年期までだったことでしょうが、アイドルとしての道を作ってくれたのは紛れもなく「横山裕」さんの母親でしょうね!

⇒関ジャニ「渋谷すばる」って本当に歌がウマいのか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする