【TOKYO2021】商標登録とドメインは美術展のもの?1年延期の東京オリンピックでロゴはどうなる?

Pocket

 

2020年開催予定だった東京オリンピックが、2021年の1年後に延期されることが決定しました。

なんとなくは予想できていましたが、やはり決定となるとビックリしますね。

そんなTOKYO2021ですが、商標登録とドメインが話題になっています。

また、東京オリンピックが1年延期になったことで、ロゴがどうなるのかもきになるところです。

ということで、、、

  • TOKYO2020が1年延期と発表!
  • 【TOKYO2021】商標登録とドメインは美術展のもの?
  • 【TOKYO2021】ロゴはどうなる?

以上についてご紹介させて頂きます。

TOKYO2020が1年延期と発表!

 

東京オリンピックの延期が2020年3月24日に発表されました。

東京オリンピックが中止になることはないとは思っていたのですが、政府が正式に延期と伝えてくると心の準備が、、、

ということで、コロナショックはまだまだ続きそうで経済が安定するのも当分先なのではないでしょうか。

しかし、今まで2020年オリンピックに向けて準備をしていた方々の事を考えると可哀想でなりません。

きっと、また1から練り直さないといけない方もいるはずでしょう。

 

【TOKYO2021】商標登録とドメインは美術展のもの?

 

TOKYO2020が1年延期になったということで、TOKYO2021の商標登録とドメインが話題になっています。

ということで、TOKYO2021の商標登録とドメインについて調べてみると、

TOKYO2021が美術展だったということが発覚し、商標登録はされていませんが、ドメインについてはすでにとられているようでした!

狙ってドメインをとったとは思えませんが、やはり東京オリンピックが1年延期で「TOKYO2021」のほうがしっくりきますよね。

 

【TOKYO2021】 美術展の名前は?

 

TOKYO2021美術展の名前は、「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」になります。

しかし、TOKYO2021美術展は9月14日〜10月20日は行われており、もうすでに過去の美術展でした。

ちなみに、キュテーションは黒瀬陽平です↓

 

 

まさか、東京オリンピックが延期で注目されるとは思ってもいなかったでしょうね。

【TOKYO2021】 ドメイン取得者は誰?

 

TOKYO2021のドメイン取得者は田中誠人さんです。

田中誠人さんがどういった方なのかは不明ですが、こうして注目されていることにビックリしているはずでしょうね。

 

【TOKYO2021】ロゴはどうなる?

 

小池都知事によると、東京オリンピックはそのまま「TOYKO2020」で通すようです。

しかし、東京オリンピックのロゴはどうなるのでしょうか?

おそらく、そのまま「TOYKO2020」になると思われますが、2021年開催なのにロゴが2020だとしっくりこないですよね。

もしかしたら、ロゴは変えずに2020を2021に変更するのではないでしょうか。

最後に!

 

TOKYO2021の商標登録やドメインについてご紹介させていただきました。

まさかの美術展でビックリしています。

ロゴは変えずに2020を2021に変更するのかもしれませんね。

シェアする

フォローする