武藤弘樹(アーチェリー)の高校と中学は?出身はあま市で所属は慶応大学!

Pocket

 

日本のアーチェリー競技で注目されている武藤弘樹選手が気になります。

そんな武藤弘樹選手の高校と中学はどこなのでしょうか?

また、武藤弘樹選手の出身は愛知県あま市で所属は慶応大学との事。

ということで今回は、、、

  • 武藤弘樹の高校と中学はどこ?
  • 武藤弘樹の出身は愛知県あま市!
  • 武藤弘樹の所属は慶応大学!
  • 武藤弘樹のプロフィール!

以上についてご紹介させて頂きます。

武藤弘樹の高校はどこ?

https://twitter.com/ctv_asutomo/status/1127341973898088448

 

日本のアーチェリー競技で注目されている武藤弘樹選手の中学と高校は、中高一貫性の東海中学高等学校になり、住所は愛知県名古屋市東区筒井1丁目2−35になります。

ちなみに東海高等学校の偏差値は「73」もあり、愛知県内では1番賢い学校といっても過言ではないでしょう。

ということは、武藤弘樹選手はアーチェリーの他に勉強もできるようですね。

もちろん、武藤弘樹選手は東海高等学校でアーチェリー部に所属しています。

そこで、東海高等学校の活動内容を見てみると、、、

 

校内にある専用の練習場で活動しています。部員一人一人が自覚を持ち、部活を作っています。

夏休みには県内・県外の多くの高校と合同で一週間の合宿を行っています。

部員全員が高校から始めた選手ですが、日々努力し、全国大会や東海総体への出場を果たしています。

(引用元:東海学園高等学校HP)

 

アーチェリー競技の実績はあるし、活動についても真剣に取り組んでいる部だと感じました。

武藤弘樹の出身は愛知県あま市!

 

武藤弘樹選手は愛知県あま市の出身です。

 

愛知県あま市は愛知県の西部に位置しており、ほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯となっており、5市(名古屋市、清須市、稲沢市、愛西市、津島市)2町(大治町、蟹江町)に接しています。

広大な濃尾平野とそこを流れる河川の恩恵を受けて、近郊農業を中心に発展してきましたが、近年は名古屋市のベッドタウンとしても発展し、人口は約88,000人を擁します。名古屋市の中心部から公共交通機関で約15分という立地条件にありながら、田園風景と住宅地との調和がとれた緑豊かなまちを形成しています。

(引用元:あま市HP)

 

愛知県あま市は名古屋から公共交通機関で15分ぐらいの距離にあるにも関わらず、田園風景が広がる街並みになっているようです。

武藤弘樹選手は、愛知県あま市でのびのびとした生活を送っていたのではないでしょうか。

また、武藤弘樹選手が友人と遊びに行くときは名古屋まで足を運んでいたと思われます。

武藤弘樹の所属は慶応大学!

 

武藤弘樹選手は、2020年2月現在で慶応大学4回生です。

慶応大学でアーチェリーに励みつつも、母校である東海高校で後輩に指導している様がカッコいいですよね。

ご自身の競技がありつつも後輩に指導する理由は、母校の愛か日本のアーチェリーのレベルをもっと上げたいからなのではないでしょうか。

武藤弘樹選手が今後どこに所属してアーチェリーを続けていくのは現在のところ不明ですが、もしかしたら慶応に在籍したまま活動するのかもしれませんね。

武藤弘樹のプロフィール!

 

名前  :武藤弘樹(むとう ひろき)
生年月日:1997年6月26日
出身地 :愛知県あま市
身長  :175㎝
体重  :70㎏
所属  :慶応義塾大学
学歴  :慶応義塾大学
戦歴  :14年ユース五輪個人6位・15年世界ユース選手権ジュニア部門(21歳以下)団体銅・18年のW杯団体で2位が2度

最後に!

日本アーチェリーの注目選手である武藤弘樹選手についてご紹介させて頂きました。

東京オリンピックで活躍してほしいものですね!

メダルを取れることを応援しています!

シェアする

フォローする