【ゾッキ】蒲郡市のロケ地や撮影場所はどこ?エキストラ情報や漫画内容は?

Pocket

ピエール瀧さんの復帰作品だと言われている「ゾッキ」が気になります!

そんな映画「ゾッキ」のロケ地や撮影場所はどこなのでしょうか?

また、映画「ゾッキ」は漫画が原作になっているので内容が気にないます。

そして、映画「ゾッキ」はピエール瀧さんが復帰するという情報があるので話題の作品になることは間違いないのでエキストラ募集についても。

ということで今回は、、、

  • 【ゾッキ】蒲郡市のロケ地や撮影場所はどこ?
  • 【ゾッキ】エキストラ情報について!
  • 【ゾッキ】漫画内容が知りたい!

以上についてご紹介させて頂きます!

【ゾッキ】蒲郡市のロケ地や撮影場所はどこ?

映画「ゾッキ」のロケ地や撮影場所は愛知県蒲郡市で行われています。

そんな愛知県蒲郡市は、「蒲郡競艇(BOAT RACE蒲郡)」の「ムーンライトレース」・テーマパーク「ラグナシア」・「蒲郡温室みかん」の産地として知られています。

その他にも、現在も愛知県を代表する歴史的建築物である現役の宿泊施設「蒲郡クラシックホテル」として営業する「旧蒲郡帝国ホテル」の建物は、城郭風の外観にアールデコ様式の内装と独特の建築です。

また、春にはつつじ祭りが開かれ市内には4つの温泉郷があるほか、マリンレジャーやテーマパークもあり、海と山に囲まれた景勝地であることから「愛知県の熱海」と呼ばれています。

そんな「愛知県の熱海」とも呼ばれている愛知県蒲郡市のどこで「ゾッキ」が撮影を見込まれているかをご紹介させて頂きます。

蒲郡北駅前地下街

蒲郡北駅前地下街の場所は、〒443-0043 愛知県蒲郡市元町地内です。

そんな蒲郡北駅前地下街は、蒲郡市のディープスポットで日本一短い地下街とも呼ばれています。

映画「ゾッキ」のシーンに使うのは外せない場所なのではないでしょうか。

元町トータルビル

元町トータルビルの住所は、〒443-0043 愛知県蒲郡市元町9−2になります。

元町トータルビルも蒲郡市のディープスポットになります。

地元に愛される飲食店がたくさんあるそうなので、もしかしら一般の方がエキストラとして芸能人と一緒に共演できる可能性があるのかもしれませんね。

三谷温泉

三谷温泉の場所は、〒443-0021 愛知県蒲郡市三谷町鳶欠14−1になります。

ピエール瀧さんは漁師役として出演する可能性が高いので、もしかしたら見たい温泉をバックに撮影するシーンがあるのかもしれませんね。

また毎年10月には「三谷祭」がるので、この時期にあわせた撮影も考えられます。

蒲郡市民体育館センター

蒲郡市民体育館センターの場所は、〒443-0048 愛知県蒲郡市緑町3−69になります。

映画「ゾッキ」のロケ地・撮影場所として有力な場所になります。

その理由は、ゾッキアカウントでツイートを投稿していたからです。

蒲郡市民体育センターが「ゾッキ」のどのシーンで使われるかは不明ですが、わからないから楽しみにできますよね!

蒲郡竹島

蒲郡竹島の場所は、〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町になります。

国の天然記念物に指定されている蒲郡のシンボル「竹島」で、島の中央部には日本七弁財天のひとつである「八百富神社」があります。

SNSで確認したところ、夕焼けがなんとも言えないぐらいキレイなんだそうです。

こんな撮影映えするところを「ゾッキ」が目をつけていない訳がないと思います。

西浦シーサイドロード

https://twitter.com/zankuro31/status/1213417148489424897

西浦シーサイドロードを確認してみたところ、主にツーリングで有名な場所でした。

たしかに、海沿いの道路で風を感じながらのツーリングは気持ちよさそうですね。

もしかしたら、ゾッキの撮影場所に使われる可能性はあるのかもしれませんね。

西浦園地

西浦園地の場所は、〒443-0105 愛知県蒲郡市西浦町大山26になります。

西浦半島先端部分の小高い丘に位置し、三河湾や渥美半島、遠く神島を一望できる場所でもあります。

こちらも、とにかく夕日がキレイとの事なので「ゾッキ」のロケ地・撮影場所に使用される候補なのかもしれませんね。

その他情報が入り次第、「ゾッキ」のロケ地・撮影場所を追記させて頂きます。

【ゾッキ】エキストラ情報について!

https://twitter.com/zokki_movie/status/1220148798808133634

映画「ゾッキ」のエキストラ募集は、2020年1月現在でまだ情報はございませんでした。

どうやら、商工会関係者などに聞くところによるとエキストラの募集はない可能性もあるみたいとの情報もあるそうです。

もし、「ゾッキ」からエキストラ募集があるのであれば「蒲郡商工会議所」・「観光協会」・「アンドピクチャーズ」から公開されると考えられます。

その他にも、公式Twitterもチェックしておいたほうがよさそうです。(公式Twitterは記事上)

「がまゾッキ」は、蒲郡市をまとめた情報発信をしているのでこちらも要チェックです!

【ゾッキ】漫画内容が知りたい!

 

「ゾッキ」は漫画家である大橋裕之さんの作品を実写化した映画です。

そんな「ゾッキ」は、漫画家の大橋裕之さんが書き下ろしたデビュー後初期の作品をまとめた短編集になります。

実は、大橋裕之さんは上京する前に自費出版していた「謎漫画作品集」・「週刊オオハシ」・漫画誌・ミニコミ誌・その他などに掲載された作品を集めて、2017年5月16日に「ゾッキA」・「ゾッキB」に2冊構成で刊行されています。

この「ゾッキA」と「ゾッキB」に描かれている短編漫画は40作もあり、短編をつなぎ合わせて一本の映画「ゾッキ」にするようです。

この映画「ゾッキ」で一番気になっているのが、ピエール瀧さんが漫画「ゾッキ」の短編集のどの役柄になっているかと言うことです。

実は、もうすでにピエール瀧さんが「ゾッキ」で演じる役柄は決まっています。

ピエール瀧さんが演じるは、漫画「ゾッキ」の短編作品の1つである「Winter Love」にでてくる荒くれ漁師役です。

ということで、漫画「ゾッキ」の短編集の1つである「Winter Love」の内容についてご紹介させて頂きます。

Winter Loveの漫画内容は?

 

冴えない男・藤村。

藤村はいつものコンビニで週刊プロレスを立ち読みしていたが、ふと旅に出ることを思いつく。

自分探しが嫌いな藤村が、ホンセンの寝袋1つで東京から自転車で東海道を南に旅する自分探しの旅にでるという話。

旅の途中、藤村が立ち寄った清水の漁港で漁師から刑務所に入っていた定男が「4月にシャバにでてくるってよ」という話の流れに…

漁師と一緒に酒を交わしながら「定男は組合に戻るにだろうか」「戻ってもすぐに暴れてダメだろう」「暴れたら俺がブッ飛ばしてやる」「定男は柔道で全国大会に行ってるよ」穏やかではない話を聞く。

ゾッキの作者・大橋裕之 プロフィール! 

https://twitter.com/gamazokki/status/1221909847727230976

名前  :大橋裕之(おおはし ひろゆき)
生年月日:1980年1月28日
出身地 :愛知県蒲郡市
職業  :漫画家

2005年「謎漫画作品集」を自費出版して活動を開始。
2007年3月に音楽情報誌「indies issue」で1ページ漫画が掲載される。
2007年8月に「Quick Japan」で「世界最古の電子楽器 静子」でデビューする。
2016年から俳優活動を開始し、映画「あなたを待ってます」で映画初出演で初主演を果たす。

最後に!

映画「ゾッキ」でピエール瀧さんが復帰するそうです。

いまのところ世間では復帰はまだ早いなんて言われていますが、、、

「別に復帰しても良くね?」が個人的な感想です。

映画「ゾッキ」の公開日が待ち遠しいですね~

シェアする

フォローする