白井家が馬を違法解体した理由は骨格標本?フルハートの値段はいくら?

Pocket

「天才!志村どうぶつ園」に出演中の白井家に文春砲が直撃しました!

そんな白井家ですが、長年飼育していたオス馬(フルハート)を違法解体したとの事。

また、馬(フルハート)を解体した理由は骨格標本にするためという情報もあり、値段が気になります。

とうことで今回は、

・白井家が馬(フルハートを違法解体!

・白井家の馬(フルハート)とは?

・白井家が馬(フルハート)を違法解体した理由は骨格標本?

・白井家の馬(フルハート)が骨格標本で値段はいくら?

以上についてご紹介させて頂きます。

白井家が馬(フルハート)を違法解体!

「天才!志村どうぶつ園」に出演中の白井家ですが、長年飼育してきた馬(フルハート)を違法解体したと報道されました。

数々の視聴者を感動させてきた白井家が、まさか長年飼育してきた愛馬を違法で解体するなんて信じられません。

現在のところ、白井家の子供たちから「神」と呼ばれる母親の白井由紀子さんは知らないと言っているようですが、、、

どうやら、情報元がフルハートがバラバラになってしまった後に処理をしたボランティアの方のようで、情報は固いと思われます。

「天才!志村どうぶつ園」で以前、馬(フルハート)が亡くなった時の悲しみは嘘だったのでしょうか。

白井家の馬(フルハート)とは?

白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートは、元々は競走馬でした。

しかし、引退して殺処分になるところを10年前に白井家に引き取られます。

フルハートの年齢は30歳で、人間でいうところ100歳以上の高齢馬でした。

フルハートの性格は、人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬で白井家からは家族とも言われていました。

そんなフルハートの死因は、転倒して負った複雑骨折が原因で2019年1月17日に亡くなっています。

そんなフルーハートが亡くなったことで、2019年2月16日放送の「天才!志村どうぶつ園」で白井家が悲しんでいるところが放送されました。

白井家が馬(フルハート)を違法解体した理由は骨格標本?

白井家が馬(フルハート)を違法解体した理由は現在のところ語られていません。

しかし、本来なら馬の死体は死亡獣畜取扱場という施設以外で行ってはいけないという決まりがあり、もし違反した場合は1万円の罰金がかされとの事。

となると、白井家は馬(フルハート)を死亡獣畜取扱場に持っていきたくない理由があったと思われます。

そこで考えられるのが文春の報道でもある通り、馬(フルハート)を骨格標本しお金にしたかったのではないでしょうか。

推測でしかないですが、白井家は他の動物の飼育をする為にお金は必要だと思われますので、処理するより金銭にかえる選択肢をとったのかもしれませんね。

白井家の馬(フルハート)が骨格標本で値段はいくら?

もし仮に、白井家が馬(フルハート)を骨格標本にしたとしたら値段はいくらになっているのでしょうか?

実は、馬の骨格標本は高値で販売されております。

・組み上げられていない馬の骨標本の値段は75万円~100万円
・組み上げられている馬の骨標本は100万円以上

ちなみにオス馬のほうが高値で販売されています。(フルハートもオス馬)

もちろん業者に頼んで骨標本を作ってもらわないといけないのですが、利益はでるでしょうね。

まとめ

白井家が馬を違法解体した理由についてご紹介させて頂きました。

現在のところは、白井家は違法解体したことも理由についても語られていません。

個人的には、フルハートが亡くなってあれだけ悲しんだ白井家がするような事ではないと思ていますが、、、

他の動物を飼育していくならお金は必要なはずです。

もしかしたら、フルーハートを骨格標本にしたのかもしれませんね。

シェアする

フォローする