多田修平の就職先が住友電工の理由!筋肉画像や弟の顔画像(写真)は?

Pocket

第17回世界陸上競技選手権大会がはじまるということで、多田修平選手に注目したいと思います。

そんな多田修平選手の就職先は住友電工なのですが、選んだ理由が気になります。

また、多田修平選手の筋肉画像や弟についても気になります。

ということで今回は、

・多田修平の就職先は住友電工!

・多田修平の筋肉画像!

・多田修平の弟の顔画像は?

以上についてご紹介させて頂きます。

多田修平の就職先が住友電工の理由は?

多田修平選手は大阪府東大阪市の出身で、陸上選手としての拠点を大阪にしてきました。

多田修平選手が関西学院大学に在学中には陸上の成績も認めらて複数の企業からオファーがあったようです。

そのオファーの中で、現在は住友電工に就職しています。

多田修平選手が住友電工を選んだ理由は、住友電工には陸上競技部があり陸上選手にとっては恵まれている環境があるからです

また、多田修平選手は地元の大阪を拠点に陸上を頑張ってきたので、本社が大阪にある住友電工に思い入れがあったように思います。

多田修平選手が住友電工に就職した際のインタビューでは、

「生まれ育った関西の企業を背負って世界で戦いたい」・「東京五輪では金メダルを獲得したい」

このように宣言しています。

現在は、住友電工陸上部が活動している関東に拠点を移しています。

多田修平選手が東京オリンピックで活躍する姿を見たいですね!

住友電工の平均年収は?

多田修平選手が就職した住友電工の平均年収は804万円です。

実は、非鉄金属業界内でもトップクラスの規模と知名度を誇る優良企業で有名です。

住友電工の近年の平均年収の推移の画像があったのでご紹介させて頂きます↓

一番低い年が2014年なのですが、それでも平均年収は755万円で国平均の年収と比べてみると300万円の差がありました。

優良企業でなおかつ年収が高いところを選んだ多田修平選手は正解で間違いないでしょう!

住友電工の入社難易度は?

多田修平選手は陸上での成績が認められて住友電工に入社できているのですが、一般での技術系や事務系の入社難易度が気になりました。

まず住友電工の技術系の入社難易度に関してですが、大手企業の技術系の募集は100名前後という情報があり、大量採用という点でそこまで難しくないとわ思われます。

おそらく、技術系の倍率は20倍ぐらいに収まるのではないかと推測します。

次に住友電工の事務系の入社難易度は、技術系よりも募集人数が少なく文系でも理系でも応募できる仕組みになっているので倍率は30倍~40倍になるようです。

多田修平の筋肉画像!

多田修平選手について調べてみると「筋肉」がヤバいと話題になっているようでした。

細いイメージのある多田修平選手のどこの筋肉が話題になっているのかというと、どうやら多田修平選手の「足」と「腕」の筋肉がヤバいと話題になっているようです。

ということで、多田修平選手の「足」と「腕」の筋肉画像をご紹介させて頂きますご紹介させて頂きます。

多田修平の足の筋肉画像!

多田修平の足の筋肉画像をわかりやすくするために、走る前と走っている最中の画像を比較してました↓

さすがアスリートと言ったところでしょうか、、、

多田修平選手が走る前は一般人と同じような足なのですが、走っている最中の足の筋肉はバキバキです。

見た感じ、多田修平選手の太ももはほぼ筋肉なのではないでしょうか。

多田修平の腕の筋肉画像!

多田修平の腕の筋肉画像をわかりやすくするために、走る前と走っている最中の画像を比較してみました↓

腕も足と同様に筋肉がバキバキです。

多田修平選手の筋肉は、普段は細そうに見えますが競技中は完全にアスリートの筋肉ですよね!

筋肉にもギャップがあるということがわかりました。

多田修平の弟の顔画像は?

多田修平選手には弟が1人います。

そんな多田修平選手の弟は、多田修平選手と同様にイケメンなのか顔画像が気になりました。

しかし、現在のところ多田修平選手の弟についての顔画像や情報はございませんでした。

また、多田修平選手のTwitterも確認したのですが一切弟について触れられていませんでした。

もしかしたら、多田修平選手の弟は陸上とは関係のない事をしているかもしれませんね。

多田修平選手の弟についての情報が入り次第追記させて頂きます。

まとめ

多田修平選手についてご紹介させて頂きました。

現在は住友電工に就職し、陸上部の活動がある関東に拠点を移しています。

また、多田修平選手の筋肉は競技前と競技中ではギャップがありすぎですよね!

弟についての情報は入り次第追記させて頂きます。

多田修平選手の今後に注目したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする