サニブラウンの年収はいくら?日本新記録やオリンピックの賞金についても!

Pocket

第17回世界陸上競技選手権大会がはじまるということで、サニブラウン選手に注目したいと思います。

そんなサニブラウン選手と言えば、日本陸上界のスターなので年収や賞金について気になりました。

ということで今回は、

・サニブラウンの年収はいくら?

・サニブラウン・日本新記録の賞金はいくら?

・サニブラウン・オリンピックの賞金はいくら?

以上についてご紹介させて頂きます。

サニブラウンの年収はいくら?

世界的陸上界のスターであるウサイン・ボルト選手の年収は推定20億以上あると言われており、日本陸上界のスターであるサニブラウン選手の年収が気になりました!

ということでサニブラウン選手に年収について調べてみたのですが、現在のところ情報はございませんでした。

しかし、サニブラウン選手の現在の年収は思っていたよりも低いと思われます。

その理由は、現在サニブラウン選手はフロリダ大学でNCAA(全米大学体育協会)に所属しており、NCAAの規定ではサニブラウンのように学費全額免除で生活費が支給される奨学生については、スポンサーやCMなどの金銭を伴う契約は禁止されています。

おそらく多くの企業がサニブラウン選手をスポンサーとしてバックアップしたがっているのしょうが、フロリダ大学の規定であれば仕方がないですね。

でも、サニブラウン選手の年収がまったくゼロとは考えられないので、おそらく一般のサラリーマンの年収ぐらいなのではないでしょうか。

サニブラウン選手が大学を辞めれば、スポンサーやCMで年収がグンっとあがるのは間違いないでしょう!

サニブラウン・日本新記録の賞金はいくら?

サニブラウン選手が日本新記録をとった場合、賞金はいくらでるのでしょうか?

ということで、陸上選手の賞金について調べてみたところ。。。

日本は海外と比べて賞金はかなり低く、世界陸上で優勝しても賞金額は約800万円ほどです。

なんだか陸上選手って、ゴルフ選手やテニス選手と比べて夢がないですよね。

しかし、陸上界では過去にケンブリッジ飛鳥選手が契約しているスポンサーから1億円ものボーナスが出たということもあります。

賞金よりもスポンサーからのボーナスのほうが金額は上のようです。

もっと日本は陸上選手に目を向けるべきかもしれませんね。

サニブラウン・オリンピックの賞金はいくら?

サニブラウン選手がオリンピックでメダルをとった場合、JOC(日本オリンピック委員会)は賞金をいくら渡すのでしょうか?

ということで、オリンピックでメダルをとったときの賞金について調べてみたところ、

・金メダル:500万円
・銀メダル:200万円
・銅メダル:100万円

正直なところパッとしない賞金額なのですが、2020年の東京オリンピックは日本での開催でもあるので、更なる報奨金の引き上げやコートなど指導者に対しても賞金を支払うことが検討されているそうです。

それでも海外と比べると、日本の賞金はかなり低いことが一目瞭然です。

シンガポール:8400万円(金メダル)・約4000万円(銀メダル)・約2000万円(銅メダル)

マレーシア:6500万(金メダル)・約3300万円(銀メダル)・約1600万円(銅メダル)

アゼルバイジャン:約5600万円(金メダル)・約2800万円(銀メダル)・約1400万円(銅メダル)

もっと日本は選手たちに夢をみせるような賞金にしてほしいものですね。

まとめ

サニブラウン選手の年収や賞金についてご紹介させて頂きました。

サニブラウン選手は、現在学生ということもあり年収は低いと思われます。

また、陸上選手の賞金は海外と比べれば低いように思いました。

未来の陸上選手の為にも、もっと夢をみさせるような金額にしてほしいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする