GSOMIAによる日本のメリットは?GSOMIA破棄でウォン安がヤバい!

Pocket

8月22日に韓国政府はGSOMIA(ジーソミヤ)を延長せずに破棄する発表をしました。

今までGSOMIAがあったことで日本のメリットが気になります。

また、韓国がGSOMIA(ジーソミヤ)を破棄することで韓国通貨のウォン安がヤバいことになっているようです。

ということで今回は、

・GSOMIA(ジーソミヤ)とは?

・GSOMIAによる日本のメリットは?

・GSOMIA破棄でウォン安が止まらない!

以上についてご紹介させて頂きます。

GSOMIA(ジーソミヤ)とは?

GSOMIA(ジーソミヤ)とは、朝鮮半島の有事を想定して軍事情報の交換などを目的とした日韓の安保同盟のことを指します。

なぜこのような協定を結んだのかというと、北朝鮮のミサイルなどの緊急事態に備えたものだと考えられます。

実はこのGSOMIA(ジーソミヤ)ですが、日韓がすすんで締結させたわけではなくアメリカが主導となり締結させています。

ということで今回韓国はGSOMIA(ジーソミヤ)を破棄したということでアメリカに楯突いたことになりますね。

また、今後日韓関係はますます悪化するでしょう。

韓国がGSOMIA破棄を決断!

韓国政府は、日韓の軍事情報包括保護協定「GSOMIA」を破棄すると発表した。
日韓の対立が安全保障分野にも拡大することになる。
日本政府の反応。
政府内では、韓国がGSOMIAを破棄する決定をしたことについて、「大きな影響はない」との見方が大勢。
安倍首相は22日午後6時半ごろ、首相官邸を出たが、今回の決定について、記者団の問いかけに応じることはなかった。
政府高官は「影響はそんなにないだろう」、「日米でやっているから問題ない」と述べていて、むしろ影響が出るのは韓国の方だとの認識を示している。
一方で、「文政権は、どんどん異常さを増している」と、警戒感を示す政府関係者もいる。
韓国が今回、安全保障面でも日本に対抗的な措置をしてきたことで、今後の日韓関係がさらに悪化するのは間違いない。
安倍首相は、23日からG7サミットに出席するため、フランスを訪問する予定で、日韓関係の悪化を懸念するアメリカのトランプ大統領との会談で、この問題が話題にのぼる可能性もある。

(引用元:FNN PRIME)

最近の日韓関係を見てみると、韓国側が引くに引けない状況を自国で作り上げているように感じます。

日本からの譲歩待ちなのでしょうか?

ここまで日韓関係が悪くなっている現状を考えると、まだまだこの問題は続きそうです。

GSOMIAによる日本のメリットは?

GSOMIAによる日本のメリットは何があったのでしょうか?

やはり最大のメリットとしては、韓国から北朝鮮の情報を探ることができたという点です。

北朝鮮と韓国は現在も分断状態でその国境にはお互いの軍事で見張りあっているので、北朝鮮の動向を知るには韓国からの情報は貴重でした。

しかし、日本の情報収集能力は世界でもトップクラスと言われており、韓国側の軍事情報が途絶えたとしても、それほど心配がないというのが専門家の見解となっているようです。

GSOMIA破棄でウォン安がヤバい!

GSOMIA破棄で韓国通貨のウォン安がヤバいことになっています。

ということで、ウォン安の画像をご紹介させて頂きます。

https://twitter.com/M4RK_MT/status/1164476081925062656

このように、韓国がGSOMIAを破棄したということで自国通貨のウォン安がヒドイ状況になっています。

なぜ、自国に不利な状況を韓国は作ってしまったのでしょうか?

まとめ

韓国がGSOMIA(ジーソミヤ)を破棄するということで、これまでの日本のメリットについてご紹介させて頂きました。

確かに北朝鮮の動向を知るためには必要なものだったのかもしれませんが、日本の情報取集能力があればさほど心配するようなことではありませんでした。

また、韓国は韓国がGSOMIA(ジーソミヤ)を破棄したということで自国通貨ウォン安がヤバい状況に陥っています。

韓国は身を削って日本との対話を望んでいるのでしょうか?

アメリカもこの問題に関わってくる可能性は考えられるので、ますます今後の展開が気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする