大館初美(郵便局員パンティ送付犯人)の顔画像は?犯行現場のマンションはどこ?

Pocket

女性の自宅マンションのポストにパンティ入りの封筒を投函した大館初美容疑者(北海道帯広市郵便局員)が話題になっています。

そんな大館初美容疑者はどういった人物なのでしょうか?

また、大館初美容疑者の犯行現場のマンションはどこなのでしょうか

ということで今回は、

・大館初美(郵便局員)が女性にパンティ送付で逮捕!

・大館初美(郵便局員パンティ送付犯人)の顔画像は?

・大館初美(郵便局員パンティ送付犯人)の犯行現場のマンションはどこ?

以上についてご紹介させて頂きます。

大館初美(郵便局員)が女性にパンティ送付で逮捕!

「パンティー泥棒」ならぬ「パンティー配達員」だ。

郵便物を配達時、女性の自宅マンションのポストにパンティー入りの封筒を投函していたとして、北海道帯広市の帯広郵便局の元職員、大館初美容疑者(51)が3日、建造物侵入の疑いで北海道警帯広署に再逮捕された。
大館容疑者は今年3月から6月にかけ、20代から30代の女性が住む帯広市内の集合住宅に忍び込み、新品のパンティーが入った封筒を玄関先のポストにせっせと投函していた。

「大館容疑者は郵政民営化前の2000年に郵便局に就職し、帯広郵便局で集配業務をしていた。配達中、かわいかったり、きれいな好みの女性を見つけるとこっそり後をつけ、自宅を突き止めた。インターネットでパンティーを購入して、封筒に入れ、仕事中に制服を着たまま、何食わぬ顔をして、本物の郵便物のようにポストに投函していたのです。正真正銘の配達員ですから疑いようがない。特に好みの女性の場合は、最大10枚、それも違う種類のパンティーが入っていたこともあった」(捜査事情通)

ポストを開けたらパンティー入りの封筒が入っていて、「とにかく気持ち悪い」と感じた女性の通報で事件が発覚した。大館容疑者は6月13日に同容疑で逮捕され、24日に日本郵便を自己都合で退職している。調べに対し「あげたパンツをはいてもらいたかった。自分がはいてみたものもある」と供述しているというから気持ち悪過ぎる。帯広市内では同様の被害が、これ以外にも20件ほど報告されていた。

帯広郵便局は24時間営業で、約500人の配達員がいるというが、まさか赤い郵便車に乗った制服姿の配達員が、真剣な面持ちで「パンティー」をポストに投函していたなんて誰も思わない。

(引用元:日刊ゲンダイ

大館初美容疑者は勤務中にも関わらず、自分好みの女性がいると自宅まで尾行してパンティを送付していたようです。

まさか届ける側(郵便局員)が犯人だとは女性たちも思っていなかったでしょうね。

大館初美容疑者の犯行動機は「あげたパンツをはいてもらいたかった」ということですが、自分がはいてみたものもあるらしく男女共にゾッとする人物です。

マンガとかでありがちな話なのですが、リアルであると気持ち悪い変態でしかありません。

また、警察には同様の被害にあわれた被害者女性から20件以上も報告があったらしいので、大館初美容疑者の被害にあわれた女性はもっといる可能性が高いです。

大館初美(郵便局員パンティ送付犯人)の顔画像は?

大館初美容疑者(郵便局員パンティ送付犯人)の顔画像は現在のところ特定されていません。

こういった性犯罪者になりえる人物の顔は、今後の為にも公にしても良いと思うのは私だけでしょうか?

ということで、大館初美容疑者の現在判明している情報をお伝えします。

名前:大館初美
年齢:51歳
住所:北海道帯広市西17条南32番地
職業:元郵便局員(6月13日に逮捕され、6月24日に自己都合で退職)
容疑:建造物侵入

大館初美容疑者のFacebookやTwitterについても調べてみたのですが、それらしきアカウントなく大館初美容疑者はSNSを利用していないのかもしれません。

情報が入り次第追記させて頂きます。

大館初美(郵便局員パンティ送付犯人)の犯行現場のマンションはどこ?

大館初美容疑者の犯行現場は北海道帯広市内のマンションや集合住宅です!

しかし、今回の大館初美容疑者が逮捕にいたった犯行現場のマンションの情報は現在のところございませんでした。

ということで、北海道帯広市のマンションについて調べてみたのですが、帯広市のマンションは星の数ほどあり特定するには難しそうです。

もしかしたら今後の報道で被害にあわれた女性がSNS発信すれば特定できるのかもしれません。

情報がわかり次第追記させて頂きます。

まとめ

女性の自宅マンションのポストにパンティ入りの封筒を投函した大館初美容疑者についてご紹介させて頂きました。

男女共に、かなり気持ちの悪い事件と思われているのではないでしょうか?

大館初美容疑者には十分に反省してほしいものですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする