防衛省居眠り職員は誰で名前や経歴は?秋田市イージス説明会の動画がヤバイ!

Pocket

6月8日に秋田市で行われたイージスアショア導入説明会で、防衛相の職員が居眠りしていたことが話題になっています。

秋田市の住民にとってはものすごく大切な説明会の中で、居眠りをした防衛相職員はどういった人物なのでしょうか?

また、防衛相職員が居眠りしていた動画もきになります。

という事で今回は、

・秋田市イージス説明会で防衛省職員が居眠りして住民が大激怒!

・防衛省居眠り職員は誰で名前や経歴は?

・防衛省職員がイージスアショア説明会で居眠り動画!

以上についてご紹介させて頂きます。

秋田市イージスアショア導入説明会で防衛省職員が居眠りして住民が大激怒!

防衛省が陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」をめぐり秋田市内で開いた住民説明会で、伊藤茂樹東北防衛局長が、同席した職員が居眠りしていたとして謝罪していたことが10日、分かった。


岩屋毅防衛相は職員が居眠りをした事実を認め、陳謝した。防衛省で記者団に「大変申し訳ない。極めて大事な説明の場で緊張感を欠き、不適切だった」と述べた。秋田県の佐竹敬久知事は10日の県議会で、新屋演習場を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題に関し「誠に遺憾だ。防衛省の基本的な姿勢には甚だ疑問があり、話は振り出しに戻った」と述べた。防衛省関係者によると、職員は東北防衛局の男性。「うとうとしてしまった」と話しているという。

(引用元:産経新聞

小沢一郎さんがツイートしているあたりからして、今後の野党はこの話題で燃えるでしょう。

しかし、秋田市の住民のみなさんに納得してもらうためにイージスアショアの説明会を開いているのに、そこで説明する側が居眠りするなんて言語道断ですよね。

秋田市の住民の皆さんが大激怒するのも納得がいきます。

しかも言い訳が「うとうとしてしまった」って、子供の言い訳じゃないんですから。

おそらく、日ごろの業務が忙しく睡眠が十分にとれていなかったのでしょうが、それはそれです!!

締めるところは、しっかり締めてほしいものですね!

ネットの反応は?

防衛省居眠り職員は誰で名前や経歴は?

防衛省関係者によると、職員は東北防衛局の男性のようでそれ以外は特定できていません。

日本を防衛する立場にある方なので、高学歴であることは間違いないのですが、、、

でも、肝心な時に居眠りをする職員に任せたくないですよね!

もし日本になにかあった時に、緊張感のない行動をされると信用もできません。

おそらく、居眠りした職員は日頃の業務に追われて睡眠不足だったと思われます。

そんな方をイージスアショア説明会に参加させた伊藤茂樹東北防衛局長にも責任があると個人的には思っています。

防衛省職員が秋田市イージス説明会で居眠り動画!

秋田市の方には大変申し訳ないのですが、ものすごくおもしろい!

地形に関するデータも間違っていたし、尚且つその場でのうのうと居眠りをしている職員。

ある意味、バラエティー番組ですよね。

それよりも、一度居眠りを注意されているのにも関わらず居眠りを続けた職員のメンタルの強さが伺えます。

もう秋田市の住民を納得させるのは無理に近いのではないでしょうか?

この騒動を解決するには、とてつもなく長い時間が必要になるでしょうね。

それか、別の案を一から作り直したほうがよさそうです。

まとめ

イージスアショア導入説明会で居眠りをした職員についてご紹介させて頂きました。

現在わかっているのは、東北防衛局の男性のようです。

名前や経歴がわかり次第追記させて頂きます。

イージスアショアを秋田市の住民に納得させるために説明会を開いているのに、説明する側が居眠りするなんて言語道断ですね、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする