ヤクルト400はスーパーで売ってる?購入する方法や花粉症の効果が気になる!

Pocket

「花粉症に効果があり!」とヤクルト400が話題になっています。

そんなヤクルト400ですが、最寄りのスーパーで売っているのでしょうか?

また、ヤクルト400が近くにない場合、購入する方法はどうしたら良いのでしょうか?

そして肝心の、ヤクルト400は花粉症に効果があるのでしょうか?

ということで今回は、

・ヤクルト400はスーパーで売ってる?

・ヤクルト400を購入する方法は?

・ヤクルト400は花粉症に効果あり?

以上について気になったのでご紹介させて頂きます。

ヤクルト400はスーパーで売ってる?

ヤクルト400が花粉症に効果があると話題になり、花粉症患者の方はスーパーで探し求めているようです。

しかし、ヤクルト400はスーパーで販売していません!!

実はヤクルト400は店頭販売しておらず、宅配からしか購入できない限定品になっております。

こんなにもヤクルト400が花粉症に効果があると話題になっているぐらいなので、お近くのスーパーですぐに購入したいですよね。

でも、宅配でしかヤクルト400が購入できないってところが消費者の心をくすぐります。

「限定」とつくだけで、お財布の紐が緩んでしまいますものねw

ヤクルト400とヤクルト200の違いは?

スーパーにヤクルトが置いていない店舗はみかけません!

しかし、花粉症に効果があるヤクルト400ではなくヤクルト200が多く並んでいます。

では、ヤクルト400とヤクルト200の違いはなんなのでしょうか?

実はヤクルト独自のシロタ株菌の数で、ヤクルト400にシロタ株菌は400億個入っており、ヤクルト200にシロタ株菌は200億個が入っています。

さすが宅配限定品!

ヤクルト400は、スーパーで売っているヤクルト200の2倍というものでした!

ヤクルト400はヤクルト200の2本分なのか?

ヤクルト400は、スーパーで売っているヤクルト200のシロタ株菌が2倍という事がわかりました。

ということは、ヤクルト200を2本飲んだらヤクルト400と同じ効果が表れるのではないでしょうか?

実際に調べてみたら、確かにヤクルト400はヤクルト200の2本分のようです。

「じゃぁ、ヤクルト400宅配するのメンドーだし、ヤクルト200飲んでおけばいいんじゃね。」

実際、このような事を思った人は多いのではないでしょうか?

しかし、この安易な考えはヤメテおいたほうがよさそうです。

その理由は、ヤクルト200を2本飲めば糖も2倍になるってことです!

健康第一に考えるのであれば、ヤクルト400を1本飲んでおいたほうが良いのかもしれませんね。

ヤクルト400を購入する方法は?

ヤクルト400を購入する方法は、ご自宅からお近くのヤクルト販売店を検索し宅配を注文すれば購入できます。

⇒ご自宅からお近くのヤクルト販売店!

ヤクルトレディーも生活がかかっているので余計なものもおススメされるかもしれませんが、気持ちを強くもってヤクルト400だけ購入すれば問題はございません。

余計な出費は抑えたいですものね。

ヤクルト400の通販はココ!

ヤクルト400は通販でもお取り寄せが可能です。

直接ヤクルトからの通販ではございませんが、商品は同じです。

宅配で営業をかけられるのがイヤな方は、通販を考えたほうが良いのかもしれませんね。


ヤクルト400は花粉症に効果あるのか?

ヤクルト400が花粉症に効果があると言われたのは、花粉症患者からヤクルト400が花粉症に効果があると訴えたツイートがキッカケです。

そんなヤクルト400ですが、花粉症に効果があるかどうかは現段階ではハッキリとわかっていないようでした。

ヤクルトの広報担当者も「ヤクルト400は特定保健用食品ですが「花粉症に効く」と標榜して販売はしていません」との事。

しかし、ヤクルトに含まれるシロタ株菌が花粉症の発症を遅らせたりする効果が論文で証明されているようです。

ヤクルトが発表した調査レポートによると、乳酸菌シロタ株は、花粉症などのアレルギーの原因となるIgE(免疫グロブリンE)という抗体の生成を抑え、アレルギー症状を軽減することが、マウスを使った実験で証明されている。

(引用先:HUFFPOST)

実際、ヤクルト400が花粉症に効果があると言う人もいれば、花粉症に効果がないとどっち意見もあるので個人差があるようですね。

まとめ

ヤクルト400についてご紹介させて頂きました。

花粉症に効果があるかどうかは現時点ではなんとも言えないようです。

でも、実際ためしてみないとわからないのでヤクルト400を飲んでみようと思います!

花粉症辛いですものね~(;´Д`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする