徴用工裁判の判決を韓国の反応と海外の反応で比較!日本の対応はどうなる?

Pocket

「言ったもの勝ち!」がお得意の韓国が、徴用工裁判を勝手に自国で判決結果を出し日本の企業に賠償金を求めてきました。

ハッキリ言って、国際法に照らし合わせると考えられない判決結果になっております。。。

また、この問題は1965年に日韓請求権協定で解決している問題です!

今さら何言ってんだ??

ということで今回は、徴用工裁判判決を韓国の反応と海外の反応で比較してみました。

また今後、日本の対応はどうなるのかもご紹介させて頂きます。

徴用工裁判の判決がヒドイ!

10月30日に、韓国の最高裁が第二次世界大戦中の日本で強制労働させられたとする元徴用工の訴えを認めました。

これは、日韓の戦後補償問題で初めて日本企業に対する賠償命令になります。

徴用工裁判の原告画像!

原告の韓国人の合計は4名います。

しかし、他の3名は他界しています。

残った原告の1名の名前は、イ・チュンシクさん(94)です。

韓国の最高裁で勝訴した時には、イ・チュンシクさんは他の亡くなった3名のことを思い涙したそうです。

しかし、、、

実は、このイ・チュンシクさん、、、そもそも徴用工ではございません!!

その理由は、募集をみて日本に働きに行ったと本人の口から表明しています。

なんだそれw

自ら、日本企業の募集を見て働きに来ているのに徴用工(強制労働)だと言っています。

しかも、ズケズケと賠償金まで求めてくるなんて、、、

韓国の報道の仕方が、イ・チュンシクさんをドラマに仕立てているようですが、日本にとっては「何言ってんだコイツ…」の話ですよねw

徴用工裁判の被告企業!

今回、徴用工裁判で被告となった企業は、鋼鉄メーカーの新日鉄住金です。

おそらく、原告のイ・チュンシクさんは、鉄を溶かして厚板・建材・チタン・薄板・交通産機品を製造していたと思われます。

確かに、仕事の内容としてはハードのような気がしますね。

きっと作業場は凄く熱いと思うので、汗水たらして日本の建物の基盤を作ってくれたことでしょう。

そこに関しては、「ありがとうございます」と言いたいですね。

しかし、賠償金を新日鐵住金に求めるのはどうかと思います。

だって、ご自身で募集を見て働きに来ているわけですから。

しかし、もし仮に新日鐵住金が賠償金の請求に応じたらなら大変な事になりそうです。

その理由は、新日鐵住金以外の企業(70社)も賠償金を請求される可能性があるからです。。。

まぁ、そんな事は絶対ないと予想しますがねw

ということは、韓国の最高裁は大変な事になると推測できます。

自国で勝手に勝訴にしておいて、日本企業から賠償金が支払われないとなると原告側は韓国政府に対して批判することでしょう。

まさに、自国で勝手に負のスパイラルに陥るわけですw

もう少し先の事を見据えて、判決を出したらよかったのではないでしょうか。

徴用工裁判の判決結果はどうなった?

徴用工裁判の判決結果は、韓国の原告4名に対して4000万円の賠償命令が確定しました。

原告が4名いますので、1人に対して1000万円ってことですね。

しかし、今さらなのですが、、、この徴用工の問題は、1965年に日韓請求権協定で解決しています。

簡単に言うと、日本が韓国に5億ドルの経済支援を行うことで、両国及び国民の間での請求権を完全かつ最終的に解決しています。

では、なぜ韓国に大量のお金を支援をしたのに韓国国民の方が徴用工裁判を起こすのかと言うと、、、

韓国政府は、国民に補償をせずにずっと隠していたからです!

日韓請求権協定で5億ドルもの経済支援を日本は韓国にしたので、そのお金で解決してほしいものですね。

本当に国民の事を思っているのであれば、1000万円なんて安いものでしょう。

徴用工裁判判決の韓国の反応と海外の反応を比較!

日本からすれば、この徴用工裁判の判決結果は胸くそ悪いものとなっています。

韓国国民の反応は、いったいどうなっているのでしょうか?

また、この徴用工裁判を全く関係ない海外の方はどう思っているのでしょうか?

ということで比較してみました!

徴用工裁判判決の韓国の反応は?

韓国国民の代表として、よくテレビ出演している東海大学教授「金慶珠」さんのコメントをご紹介させて頂きます。

金慶珠さんが、この徴用工裁判の事をコメントしたのは、朝の情報番組「スッキリ」でした。

金慶珠さんのコメントがヒドすぎる。。。

金慶珠「政権が変われば司法判断も政府方針も変わるのはよくある話」

ふざけるなって話ですよねw

韓国の政権でコロコロ司法の判断がブレるって、、、

日本にとっては、迷惑のなにものでもございません!

その後のコメントもメチャクチャですw

もう、メチャクチャですね(;^ω^)

金慶珠さんの意見が、韓国国民全員の意見ではないでしょうが、、、

かなりヒドすぎます。。。

徴用工裁判判決の海外の反応は?

では、今回の日韓徴用工裁判で、まったく関係のない海外の方の反応をご紹介させて頂きます。

・韓国の裁判所は法ではなく世論に従って判決を下す。世間を動揺させるような判決は絶対に下さない。ある意味、衆愚政治のような司法制度だ。

・日本が過去の残虐行為に対する不完全な謝罪をする限り、韓国は日本に関することなら何でも被害者面出来る。

・韓国の判決を耳にした時から、私は日本の味方だ。これだけの時間が経った後に他国を不意打ちするのは不公平だよ。国際裁判所で判決を下してほしいね。

・彼ら(日本)は罪を認めて、賠償金を払うべきだ。

・彼ら(韓国)の気質を変えることは出来ない。

・韓国はこの件をとことん利用するよ。日本から賠償金と謝罪を受け取るとすぐに不十分だと言うだろう。

なかなか日本人にとっては、耳の痛い意見もあるようですね(;^ω^)

確かに、日本は過去に韓国を植民地にしていたことは事実ですからね。。。

徴用工裁判判決で日本の対応はどうなる?

徴用工裁判判決で日本の対応はどうなるのでしょうか?

おそらくですが、賠償金支払いには応じず日韓請求権協定を中心に韓国政府に訴えかけていく事でしょう!

最終的には、いつもと同じように国際司法にでるように韓国に求めるでしょうね。

しかし、、、国際司法にでるように韓国に求めても出ないでしょう!

だって、負けるの目に見えてますからねw

でも、、、煮え湯を飲まされっぱなし日本政府も黙ってはいられません。

各政界人が、徴用工裁判の判決に対してコメントしていました。

徴用工裁判判決で安倍総理が激オコ!

(日本が韓国に5億ドルの経済協力金を払うことを明記した)1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決している。

今回の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ。

日本政府として毅然(きぜん)と対応していく。

徴用工裁判判決で野上浩太郎官房副長官が激オコ!

極めて遺憾であり、断じて受け入れられない。

財産請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決されたことを確認した日韓請求権協定に明らかに違反し、日本企業に対して不当な不利益を負わせるものだ。

国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、毅然とした対応を講じる

徴用工裁判判決で河野太郎外相が激オコ!

国際司法裁判所(への提訴)を含め、あらゆることを視野に入れた対応をせざるを得ない。

必要があれば韓国の康(カン)京和(ギョンファ)外相と電話会談を行う。

まとめ

徴用工裁判の判決を、韓国の反応と海外の反応で比較してみました。

韓国の反応は、「正義」を掲げて日本に対してメチャクチャな事を言っていますね。

海外の反応は、「韓国はやりすぎだ!」という声が多く見られました。(日本にとっては耳の痛いコメントもありました)

今後の日本の対応は、日韓請求権協定を全面的にだして韓国に訴えかけていく事でしょう!

日韓関係は悪化するばかりですね(;^ω^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする