【動画】キンプリ乗車の新幹線が仙台駅で遅延!ファンの違法性は?

Pocket

9月22日の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで行われたキンプリ「King & Prince First Concert Tour」は、9月22日にオーラス迎え、大盛況のまま終了しました。

コンサート終了後、キンプリは1時間近くで仙台駅発の新幹線のグリーン車に乗車したのですが、その後が一般客にまで迷惑をかける事態に発展しています!

その理由は、キンプリを追っかける数多くのファン(通称:ティアラ)のせいで新幹線を止める事態に発展し、仙台駅はパニックになったそうです。。。

しかし、よくよく考えると新幹線を止めるまでの迷惑行為をしたファン達に違法性はないのでしょうか?

「赤信号みんなでわたれば怖くない」

なんてビートたけしさんの名言がありますが、大切な時間を潰された一般の方にとっては迷惑ですよね!

ということで今回は、キンプリが乗車した新幹線を遅延させたファン(通称:ティアラ)の違法性についてご紹介させて頂きます。

キンプリ乗車の新幹線が仙台駅でパニック!

動画を見た感じ、電車の乗車ルールをフル無視した為、仙台駅が無法地帯になっていますね(;^ω^)

ジャニーズ事務所は常に「タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為をは絶対におやめください。」と伝えているのにも関わらず迷惑千万な行為です!

確かに、キンプリが好きな方には「1度近くで会いたい!」という、抑えきれない衝動があることは重々理解できるのですが、公共交通機関を止めるまではやりすぎなのではないでしょうか。

しっかりとマナーを守ってこそのファンであることが、キンプリの正式なファンなのではないでしょうか。

キンプリファンが新幹線をとめて炎上

キンプリ乗車の新幹線の遅延時間は?

キンプリファンのせいで、仙台駅から出発する新幹線が遅延しました。

その遅延した時間が7分!

駅員さんがよくこの事態を7分という時間で抑えされたことにグッジョブですね!!

しかし、一般の方からすれば7分という時間をドブに捨てたようなものです。

キンプリだけが乗車している新幹線ではないことを、もっとファンも理解するべきでしたよね。

おそらくではございますが、一部のキンプリファンがマナーを無視してしているうちに、普段マナーを守れている人も「みんながしているから私も!」みたいな思考になったのでしょう。

でも、もっと冷静に自分のしているマナー違反を考えるべきでした。

実際、いくらキンプリファンだからといって新幹線を止めるような行為は、よそから見ているとダサい行動ですよ!

キンプリ乗車の新幹線を止めたファンの違法性は?

キンプリが乗車している新幹線を止めたファンには、大きく分けて2つの違法性が考えられます!

まずは、新幹線の窓から携帯で写メを取るという盗撮行為。

もう一つは新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法(新幹線特例法)に引っかかり罰金を支払わなければならない事態になります。

特に、新幹線(駅と言う公共の場所)でキンプリを盗撮したファンには、「迷惑防止条例違反」が適用され懲役・罰金刑が課せられます。

撮影した:1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金
カメラを向けた/設置した:6ヶ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金

「みんながしていたから私も!」みたいな安易な考えで、実は犯罪を犯していたことになりますね(;^ω^)

まとめ

キンプリが乗車した新幹線が仙台駅でファンにより遅延する事態に発展しました。

あまりにも数多くのファンふぁ押し寄せたため、現場はまさにパニックでしたね。

キンプリファンの方の違法性は大きく分けて、盗撮と新幹線特例法に違反したことになります。

知らず知らずのうちに犯罪をしていたことになりますので、今後はこういったことがないように注意するべきでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする