大坂なおみは日本語が話せないから日本人じゃない?国籍選択はいつ?

Pocket

テニスの全米オープンで日本女子史上初の決勝進出を果たす快挙を成し遂げた大坂なおみさん。

決勝の対戦相手は、女子テニス最高プレイヤーのセリーナ・ウィリアムズです。

強敵も強敵ですが、ここでもし大坂なおみさんがセリーナ・ウィリアムズを下し優勝となるととんでもない快挙ですよね!

テニス後進国の日本としてはとてもうれしい事です。

ただ、大坂なおみさんを調べてみると日本人なのに日本語が話せないや肌が黒いから日本人じゃないとという声がチラホラ見かけます。

ということで今回は、大坂なおみさんが日本語を話せない理由や国籍についてご紹介させて頂きます。

大坂なおみ プロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Semis ❤️

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –

名前     大坂なおみ
生年月日   1997年10月16日
年齢     20歳
出身地    大阪府大阪市中央区
身長     180cm
体重     69kg
利き手    右
バックバンド 両手打ち

大坂なおみは日本語が話せない!

大坂なおみさんの日本語を話すインタビュー動画を見ていると、日本語があまり上手ではないような気がします。

また、大坂なおみさんの外見などをみていると日本人とは少し違います。

その理由は、父親がアメリカ・ハイチ出身で母親が大阪出身のハーフだからでした!

ですので、完全な純日本人ではないということになります。

またもう一つ、大坂なおみさんが日本語が話せない理由は、4歳の時に渡米したことでアメリカでの生活が長くなった為です。

現在も、アメリカ・フロリダ州に在住しています。

とういことは、ご自身の年齢の半分以上がアメリカでの生活なので日本人が大坂なおみさんの日本語に違和感を覚えるのは仕方がないことですよね。

個人的には、大坂なおみさんが幼少期の頃からアメリカで生活できたことを羨ましく感じました。

テニス後進国である日本にとっては、アメリカでの経験は非常に恵まれたものでしょう!

大坂なおみは日本人じゃない?

大阪なおみさんは、日本人です!しかし、アメリカ人でもあります。

ということは、現在大坂なおみさんは二重国籍だということです。

では、なぜ大坂なおみさんが日本人代表として大々的に報道されているのかと言うと、、、

父親がテニス選手としての国籍を日本として選択した為でした。

ですので、大坂なおみ選手は大々的に日本代表として報道されています。

個人的には、大坂なおみさんが4歳まで大阪で育ったということなので大阪弁を聞いてみたかったのですが、アメリカでの生活が長いという事ならば仕方がありませんね。

もし優勝ということになれば、今後ますます大坂なおみさんが日本で有名になることは間違いないのでセリーナ・ウィリアムズとの対戦を全力で応援したいと思います!

大坂なおみの国籍選択はいつ?

二重国籍といえば、警察24時でもたくさん使われているワードなので犯罪の匂いがプンプンしますが、、、

実際、日本では二重国籍は認めていませんが現段階では罰則などはございません。

また、現段階で大坂なおみさんは二重国籍の違反もおかしていません。

といことで簡単にまとめてみました。

日本国籍法

・出生による国籍の取得

・認知された子の国籍取得

・帰化による国籍取得

・父母の一方が日本人による国籍取得

上記が日本国籍を取得するための条件で、大坂なおみさんのような現在二重国籍となっている方は22歳までに国籍を選択しなければなりません。

といことは、大坂なおみさんは現在20歳なので後2年で国籍選択をしなければならないということになります。

一方、アメリカでの二重国籍は法律上認められているので特に問題ではございません。

個人的には、是非とも大坂なおみさんには日本の国籍を取得していただきたいものですね(*´ω`*)

そして、現在テニスを一生懸命頑張っているキッズの為にもご指導をして頂き、日本のテニスレベルを大きく上げる為に貢献して頂きたいです!!

まとめ

大坂なおみさんが日本語があまり得意ではないのは、幼少期の時に渡米してアメリカでの生活が長かった為です。

現在の大坂なおみさんの国籍は、二重国籍で日本とアメリカをもっています。

日本の法律では、二重国籍は認めていないので22歳までに国籍を選択しなけらばなりません。

ということは、大坂なおみさんが正式に日本人の国籍を所得できる期間は約2年と言うことになります。

是非とも、大坂なおみさんには日本の国籍を所得して頂きたいものですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする