塚原千恵子の朝日生命判定がボイコット!宮川紗江のパワハラ内容は?

Pocket

日本のスポーツはいったい今までどうなっていたんでしょうか。。。

権力者が君臨する真っ黒な世界だったことが浮き彫りになっています。

今度は体操選手「宮川紗江」選手の専属コーチだった「速見祐斗」さんが、「宮川紗江」選手にたいしてパワハラがあったとして解雇された事が発端でした。

しかし、「宮川紗江」さんは「速見祐斗」コーチよるキツイ指導があったがパワハラだとは思っていないとの事。

むしろ、小さい時から一緒に頑張ってきた「速見祐斗」コーチを解雇するのは処分が重たすぎで納得がいかないと会見で発言。

そして、、、「速見祐斗」コーチより体育協会そのものがパワハラだと爆弾発言をしました。

その体操協会のトップの位置に君臨するのが「塚原千恵子」強化部長。

実はこの人、、、もうすでに過去にやらかした人物でした!

とういうことで、今回は「塚原千恵子」強化部長についてご紹介させて頂きます。

塚原千恵子 プロフィール

名前   塚原千恵子(つかはら ちえこ)
旧姓   小田千恵子(おだ ちえこ)
生年月日 1947年8月12日
年齢   71歳(2018年現在)
出身地  長崎県
旦那   塚原光男(体操協会・副会長)
所属   日本体操協会・女子強化本部長

「塚原千恵子」強化部長は、オリンピックにも出場した元体操選手です。

出身地である長崎県の「長崎県立長崎日高等学校」から、最近問題が浮き彫りになっている「日本体育大学」に進学しました。

「塚原千恵子」強化部長の実績はというと、、、

・1967年全日本体操選手権:優勝
・1967年全日本選手権:5位
・1967年夏季ユニバーシアード女子団体:金メダル
・1968年メキシコ五輪:女子個人総合19位、女子団体4位
・1969年全日本体操選手権:優勝
・1969年全日本学生体操選手権:優勝
・1969年NHK杯:優勝
・1970年世界体操選手権:女子団体4位

現在のお姿からは想像できませんが、これまでに輝かしい成績を残されていますね。

体操を引退してからは、1972年に現在の体操協会の副会長である「塚原光男」さんとご結婚されています。

妻の「塚原千恵子」強化部長も問題おおアリなのですが、夫の「塚原光男」副会長も「宮川紗江」さんの発言を「すべてウソ」と言い切るぐらいなのでこの方も問題おおアリです(;^ω^)

夫婦そろって、すこし痛い方なのかもしれませんw

塚原千恵子 朝日生命判定がボイコット!

実は「塚原千恵子」強化部長は以前にも大問題を起こしています。

その事件とは、1991年にの全日本体操選手権で「塚原千恵子」強化部長を中心とする審判団の採点法に不満が爆発し出場選手中91人中55人が大会をボイコットしたという現在では大きくあげられるニュースを起こしています。

では、なぜ当時そんなに大々的に報道されなかったのかというと、、、

コーチ側が選手に演技をさせなかったとして、コーチ側が報道により悪者にされてしまったのです(;´Д`)

一応、これによって当時強化部長だった「塚原千恵子」強化部長が辞任はしましたが、、、現在も強化部長をしているって事は返り咲いたのでしょうね。。。

報道の正義って、いったいどこにあるのかその時でまったく変わってくるのでしっかりと見極めをしないといけません。。。

しかし、この審判団を味方につかる「塚原千恵子」強化部長の権力って相当強いものだったのでしょう。

そんな方に、「宮川紗江」さんが直接パワハラを受けたとなると、相当怖かったでしょうね(;´Д`)

年齢が上の人が権力を握る方がおおい日本って、、、

「老害」ってこのことをいうのかもしれません。

塚原千恵子 宮川紗江のパワハラ内容は?

「宮川紗江」選手が、「塚原千恵子」強化部長から受けていたパワハラの内容をお伝えさせて頂きます。

「速見佑斗」コーチが処分を受ける前の7月中旬に、「塚原千恵子」強化部長と「塚原光男」副会長から「宮川紗江」選手が呼び出され、「(速見コーチ)暴力を認めないと、あなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だからこそ伸びない。私は速見より100倍良く教えられる」と言われたとの事。

「宮川紗江」選手は、速見コーチをなにも言えない先生ではなく言いたい事をいえる先生でこれからも一緒に頑張っていくと答えたのですが、、、

「塚原千恵子」強化部長からは、「家族でそういうのはおかしい。宗教みたい。オリンピックにでられなくなるのよ」と発言したとの事でした。

朝日生命判定で、審判団をご自身の周りの者に採点させていた人が、100倍良く教えられるとよく言えたものですね(;^ω^)

また、選手としてオリンピックで金メダルを取ることが最終的な目標なにのに対して「オリンピックに出場できなくなる」は選手としてはとても精神的に参る内容ですよね。

「塚原千恵子」強化部長という役職ではなく、退化部長のほうがお似合いかもしれません。

まとめ

「塚原千恵子」強化部長は過去にも大きな問題を起こしています。

その内容が、自分の周りである「朝日生命」の審判団を使った採点で自分の周りの選手に有利な採点をして、多くのコーチがボイコットしたとの内容です。

今後の記者会見でどういったことを語ってくれるのか楽しみです!

おそらく、もう逃げられないのではないでしょうかw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする