【24時間テレビ】ランナーみやぞんのギャラは?総距離がかわいそう…

Pocket

毎年、夏の終わりに放送される「24時間テレビ 愛は地球を救う」。

今年のランナーは「みやぞん」という事は、もう知っていますよね(*´ω`*)

みやぞんと言えば、その運動神経の良さから「イッテQ」でも特集されるほど人気のお笑い芸人さん。

個人的には、最初の段階から「みやぞん」が100キロマラソンを達成するのは簡単な事だろうと思っていましたが!

なんと、今年のマラソンはトライアスロンとの事です( ゚Д゚)

簡単には、達成させないつもりですねw

完璧に、視聴率を狙っていると感じるのは私だけでしょうか…

ということで、今回は「24時間テレビ 愛は地球を救う」の裏事情ギャラと、「みやぞん」が走る総距離についてご紹介させて頂きます。

24時間テレビ ランナーみやぞんの総距離は?

例年「24時間テレビ」のチャリティーランナーは、マラソン100キロって決まってましたよね!

しかし、今年のチャリティーランナー「みやぞん」は大変です(;^ω^)

なんと、総距離161.55キロを身一つで達成するようです。。。

しかも、こちらマラソンだけではございません!

今回は、トライアスロンに挑戦するようですね( ゚Д゚)

では、今回チャリティーランナー「みやぞん」に課せられたミッションをご紹介させて頂きます。

・水泳 1.55キロ

・バイク(自転車) 60キロ

・マラソン 100キロ

目がくらみそうな過酷なミッションですよね(;^ω^)

たぶん私なら水泳の時点でリタイヤしそうですw

しかし、なぜここまで「みやぞん」に過酷なミッションを与えたのでしょうか…?

簡単には、ゴールさせない為?

それとも、例年のマンネリ化した企画にスパイスを?

ん~素人目線では、簡単にゴールをさせない為が有力だと思われます。

とにかく、今年のチャリティーランナー「みやぞん」は大変です!!

「愛は地球を救う」=「トライアスロン」の定義がよくわからないですが、

人が一生懸命になってゴールを目指す姿は、だれでも感動しますよね!

24時間テレビ ランナーみやぞんのギャラは?

「24時間テレビ 愛は地球を救う」で、チャリティーランナー「みやぞん」がもらえるギャラは2000万円だと言われています!

一般人からするとすごいギャラですよね( ゚Д゚)

時給に換算したら、27時間放送として1H74万円ですw

アルバイトしている人が3カ月頑張って達成できる金額ですw

しかし、ボランティアをもとに番組を制作しているのギャラもらえるのかよ…

もちろん、番組司会者や演者達にもギャラはあるはずです。。。

あれ・・・この番組って視聴者からお金をまくり上げる番組なのでは・・・

さて番組の真意を疑う事は止めにして、過去のチャリティーランナーのギャラをまとめてみました。

チャリティーランナーのギャラ

1992年 間寛平     300万円

1997年 山口達也    300万円

2003年 山田花子    400万円

2007年 萩本欽一    2000万円

2010年 はるな愛    700万円

2013年 大島美幸    1000万円

2014年 城嶋茂     1000万円

2015年 DAIGO   1000万円

2017年 ブルゾンちえみ 1000万円

どうも最近のチャリティーランナーのギャラは1000万円になっていますね。

このギャラは、どこから出ているのでしょうか…?

やはり、、、おっとこれ以上はやめておきますw

24時間テレビ ランナーみやぞんがかわいそう…

2018年「24時間テレビ 愛は地球を救う」でチャリティーランナーつとめる「みやぞん」。

よくよく考えると、かわいそうですよね(;^ω^)

その理由は、いきなりチャリティーランナーとしてのハードルが高くなったことでしょう!

これって、「みやぞん」の運動神経が良すぎて100キロマラソンでは足りないと番組制作が考えたってことですよね(;^ω^)

こういった安易な考え方の企画なら、「みやぞん」が番組制作側にイジメを受けているようなものです…

「愛は地球を救う」より「みやぞん」を救ってあげてほしいですね(;^ω^)

みやぞんがかわいそうとネットで話題

まとめ

「24時間テレビ 愛は地球を救う」でチャリティーランナーを務める「みやぞん」のギャラは、2000万円だと言われています。

例年のチャリティーランナーのギャラより、1000万円も高いですね!

それもそのはず、今年はトライアスロンで総距離は161.55キロです。

「みやぞん」が番組制作者側にいいように使われているは別として、ケガないようにゴールしてほしいものですね(*´ω`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする