山根会長のおもてなしリストの内容とは?奈良判定の真相がヒドすぎ!

Pocket

各スポーツ界の、黒い縦社会が表沙汰になっていますね。

今回は、レスリング・相撲・アメフトに続き「ボクシング」です。

その「ボクシング」界のトップに君臨する「山根明」会長。

もぅー、それはそれは真っ黒です( ゚Д゚)

今回は、「山根会長」の「奈良判定」や「おもてなしリスト」についてご紹介させて頂きます。

助成金不正疑惑に続き、もう「山根会長」の性根がだんだん露わになってきましたね。

山根会長 おもてなしリストの内容とは?

日本の悪しきスポーツ縦社会の象徴ですね。。。

山根会長には、「おもてなしリスト」なるものが存在します!

その「おもてなしリスト」は、愛媛県のボクシング連盟が2015年に作成したものでした。

この「おもてなしリスト」が、なんともまぁ日本の悪しき縦社会を見事に表しています。

「おもてなしリスト」にはいろいろと憶測がとんでいますが、一つ勘違いを正すと、、、

会長側が要求したものではなく、勝手に愛媛県側が「おもてなしリスト」を作成したようです!

しかし、この「おもてなしリスト」を愛媛県が作成したことによって、各都道府県のボクシング連盟に参考にされるようなったそうです。

その結果、この「おもてなしリスト」が過剰な接待だと指摘されるようになったようです。

これに関しては、個人的に見解をいわしてもらうと「山根会長」だけ悪者扱いは間違っていると感じました!!

愛媛県のボクシング連盟が勝手にしたことが、後の接待のハードルを上げたといっても過言ではないでしょう。

「山根会長」一人だけが悪いわけではなく、ボクシング連盟そのものが腐っているのかもしれません。。。

確かに、上司のご機嫌をとるには部下の太鼓持ちが必要ですが、、、

もう時代が古いですよ!

これからは、各個人のスキルが活かされるような時代にならないと日本はよくならない!

いい加減、こういう接待止めにしましょう!

話が脱線しましたが、では「山根会長」の「おもてなしリスト」の内容はどういったものなのか気になりますよね!

こちらが、「山根会長」への「おもてなしリスト」の内容です。

山根会長 ホテル部屋のおもてなしリスト一覧

1、剣先するめ
2、せんべい詰め合わせ1缶(のり、サラダ、しょうゆ)
3、落花生
4、梅酒
5、麦焼酎
6、乾パン
7、いりみりん
8、カンロ飴
9、森永ミルクキャラメル
10、アーモンドチョコ
11、ミネラルウォーター(冷蔵庫に並べる)
12、みかん1ネット
13、りんご(高級品)
14、ぶどう(高級品)
15、メロン(高級品)

※宿泊はスイートルーム!

「山根会長」が宿泊するだけで、このVIP対応です。

私なら、絶対に食べきれないので自宅に持って帰って保存しますw

おそらくではございますが、1番~10番までは「山根会長」の好物だという事でしょうね!

しかし、78歳の方が食べれるような量ではないことは明白です。

どうせ、食べないまま残りして宿泊先を出るなんて当たり前なんでしょうね(;^ω^)

山根会長 会長控室のおもてなしリスト一覧

1、ドリップコーヒー
2、お茶パック
3、カンロ飴(その他飴も含む)
4、せんべい詰め合わせ1缶(のり、サラダ、しょうゆ)
5、みかん(その他フルーツも含む)
6、豪華椅子を完備

どうも、カンロ飴・せんべい・みかんが「山根会長」の好物のようですw

年相応の好物かもしれませんね(;^ω^)

しかし、どこにいってもこの内容が出てくるって、、、

「おもてなしリスト」は、「山根会長」にとっては当たり前の事かもしれません。

山根会長 おもてなしリストの超注意事項!

1、和牛しか食さない(鳥、豚NG)
2、ハンバーグは、100%和牛でだすこと
3、ホヤ貝(大好物)
4、車エビ(大好物)
5、カニ、海老、アワビ、ゲソ、塩サバ、タイ、マグロOK
6、ウナギ・アナゴはNG
7、ミネラルウォーターは冷蔵庫にキンキンに冷たものと、常温のものを用意しておくこと
8、梅酒・麦焼酎・ジュニーウォーカー黒を用意しておくこと
9、目玉焼きを出すときは、外はカリカリ、中は半熟
10、ふりかけはかつおぶしのみ
11、揚げ物は、揚げたてでないと食べない

この「おもてなしリスト」の注意事項がマジなら、「山根会長」が成金であることは間違いないですね!

まぁ、実際成金なのですが、、、(;^ω^)

でも、どこかの王様がきたような対応ですよね!

78歳のおじいさんにしては、ちょっとやりすぎではないでしょうか(;^ω^)

上司に気に入ってもらう為に、部下が一生懸命ご機嫌を取らないといけない。。。

もう、こういう社会ヤメにしましょうよ!!

山根会長 奈良判定の真相がヒドすぎ!

山根会長が告発された原因の一つである「奈良判定」。

これが、とにかくヒドイ!!

まずは、こちらの動画をご覧ください↓

この試合を行った選手は、青が「岩手県」選手で、赤が「奈良県」選手です。

動画を見る限り、青「岩手県」選手はダウンを2回も取っています。

なのに、青「岩手県」選手は判定負けしているのです!!

素人がみても、どちらが勝ちなのか明白ですよね(;^ω^)

ではなぜ、赤「奈良県」選手が勝利したのかと言うと、、、

実は、「山根会長」は奈良県ボクシング連盟に所属していた経歴があり、現在の奈良県ボクシング連盟の会長は「山根会長」の息子が務めているという事実が発覚しました!

ボクシングを真剣に頑張っている人に、これほど失礼な話はないですね。。。

しかも、なんらかしらの圧力があったようで「奈良県」選手負けにした審判には、

「調子悪いのか?今日はもう帰ってもいいよ」

と「山根会長」に言われたそうです。。。

ボクシング連盟のトップから、こんなこと言われると審判もぞっとしますよね(;^ω^)

山根会長 プロフィール

名前      山根明(やまねあきら)
生年月日   1939年10月12日
年齢     78歳(2018年現在)
出身地    大阪府堺市
役職     日本ボクシング連盟会長
肩書     日本大学客員教授

まとめ

「山根会長」の「おもてなしリスト」の内容は、「山根会長」のご機嫌をとるように愛媛県ボクシング連盟が作成したものでした。

昔の時代なら、通用した上司へのおべんちゃらですが、、、

もう現在の時代には、あっていないように感じました。

縦社会がすきな人はいないと思います!

いい加減、こういった社会がなくなるような時代がくればいいですね! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする