【動画】藤波晋太郎のイップスの原因がヤバイ…四球は金本監督の圧?

Pocket

阪神タイガース「藤波晋太郎」選手が、コントローズがおぼつかず絶不調です。

「もしからしたら、イップスかもしれない…」

高校時代は、「浪速のダルビッシュ」なんていわれておおいに期待されていたのですが、、、

今回は、「藤波晋太郎」選手がイップスに陥った原因についてご紹介させて頂きます。

藤波晋太郎 プロフィール

 

この人 #藤波晋太郎 #でかかった #スタイルよすぎ #相当年下 #阪神タイガース #梅田

めぐさん(@vi.mg)がシェアした投稿 –

名前     藤波晋太郎
出身地    大阪府堺市
生年月日  1994年4月12日
年齢    24歳
身長    197cm
体重    94kg
ポジション 投手
年俸    1億2000万円

イップスとは?

「藤波晋太郎」選手がわずらっているであろう「イップス」は、

精神的な原因で、スポーツをする際の動作に支障をきたし思い通りにプレーできない症状の事です。

「イップス」は、もともとは野球で使われる言葉ではなく、ゴルフで使われている言葉でした。

プロのスポーツ選手からすれば、引退まで追い込まれる最悪の症状といっても過言ではありません。

実際「イップス」で、現役引退した方もたくさんいます。。。

では、「イップス」を治療するにはどうしたらいいのかと言うと、、、

実は、治療方法はないです。。。

克服できるには、「イップス」を抱えた人のメンタル次第だといわれております。

「藤波晋太郎」選手のメンタルに期待するしかなさそうですね。。。

藤波晋太郎のイップス動画がヤバイ…

「藤波晋太郎」選手の「イップス」は、2016年頃から思い通りに投球できず、四球が増え始めたといわれております。

最近では、2018年7月26日の先発時も5失点し、すぐさま降板しました。

この危険球がもし故意であったなら、それはそれで問題ですが、、、

「藤波晋太郎」選手の危険球した後の行動を見てみると、とても悪く思っているように感じますよね(;^ω^)

ということは、故意ではなく完全なる投球コントロールの悪さですね。

「藤波晋太郎」選手が2016年頃に「イップス」を発症したなら、現在が2018年なので2年間も悩まされている計算になりますよね( ゚Д゚)

おそらくではございますが、この2年間は「藤波晋太郎」選手の地獄なのかもしれませんね(;´Д`)

藤波晋太郎 四球の原因は金本監督か?

「藤波晋太郎」選手が、「イップス」になった原因は3つございます!

2015年 広島戦 黒田投手への危険球2発!

対戦相手の投手を潰しにかかっているとしか見えませんよね(;^ω^)

もちろん、黒田投手からはかなり激怒され「藤波晋太郎」選手はかなり萎縮してますね。

2017年 ヤクルト戦 畠山選手への危険球!

こちらは、乱闘騒ぎになっています!

畠山選手の顔が鬼のようなので「藤波晋太郎」選手も目を合わそうとしてませんね(;^ω^)

阪神タイガース 金本監督のシゴキ

個人的には「金本監督」により、「藤波晋太郎」選手の「イップス」が悪化したと感じています。

実は、2016年頃から「イップス」傾向が見られるようになった「藤波晋太郎」選手に試合で161球をなげさせるという「金本監督」の判断がどうしても納得できない。

もしこれで、「藤波晋太郎」投手が引退するなんて言い出したら「金本監督」の責任かもしれません。

実際、あまりのプレッシャーでマウンドで涙する「藤波晋太郎」選手も見られました。。。

選手を管理するのが監督の仕事でもあるので、だれもがだれも体育会系のノリで通用すると思ったのが間違いだったのかもしれませんね(;^ω^)

まとめ

阪神タイガース「藤波晋太郎」選手が、コントローズがおぼつかず絶不調です。

今後、「藤波晋太郎」選手が心配です。

個人的には、阪神タイガースを辞めて別の球団に移籍することをオススメしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする