【チアダン】福井弁が不自然で違う?変だけれどもかわいいとの声も!

Pocket

「土屋太鳳」さんの「チアダン」面白かったですね!!

綺麗な若手女優さんのオンパレードだったので、男性としては至福の時間でしたw

また、「福井弁」もとてもかわいかったですね~(*´ω`*)

「~やろっさ!」なんて言われたら、、、もぅたまらない!!

現在、私の中で福井女性に首ったけですw

しかし、その「福井弁」が「チアダン」で話題になっているようです!!

今回は、ドラマ「チアダン」での「福井弁」についてご紹介させて頂きます。

チアダンの福井弁が不自然で違う?

ドラマ「チアダン」の評価って、予想の斜め上を行きましたね(;^ω^)

ドラマの内容や各キャストの演技力についての評価の話題がおおいのですが、、、

まさかの各キャストの「福井弁」が不自然で違うと話題になりましたw

では、ドラマ「チアダン」で特に目立った「福井弁」についてご紹介させて頂きます!

  1. 「そうだね」⇒「ほやのぅ」
  2. 「やってみるからね」⇒「やってみるでの」
  3. 「チアダンやろ!」⇒「チアダンやろっさ!」
  4. 「出てこない」⇒「でんのよぉ」
  5. 「ないね」⇒「ないのぉ」
  6. 「って話だね」⇒「って話やのぉ」
  7. 「ごめんね」⇒「ごめんのぉ」
  8. 「踊ろうよ!」⇒「おどろっさ!」
  9. 「いいんじゃない」⇒「いいんでない」
  10. 「ねぇ」⇒「のぉ」
  11. 「ムリに決まっている」⇒「ムリに決まっているで」

この「福井弁」を聞いた視聴者の反応はと言うと、、、

結構、辛辣な意見が多いようですね(;^ω^)

しかし、「福井弁」について詳しく調べてみると、どうも福井県の中で「嶺北」と「嶺南」という地域では方言も違ってくるようでした。

ドラマ「チアダン」では「嶺南」の地域の話かたに近いらしいですよ!

しかし、この「チアダン」の「福井弁」が不自然で違うと言う方って、福井県民の方ですよね!!

個人的には、「チアダン」キャストが「福井弁」が不自然で違うと言われるのは無理のないことだと思います。

だって、福井県民ではない「チアダン」キャストが必死に「福井弁」を覚えて、限りなく福井県民になろうとしているんですよ。

その気持ちの表れが強くて「福井弁」が不自然と言われたと感じられるようになったのではと推測できました。

しかし福井県の皆さんは、なんだかんだいって福井県で「チアダン」を撮影していることを内心とてもうれしく思っているのではないでしょうか?(*´ω`*)

チアダンの福井弁が変だけれどもかわいい!

おそらく福井県民の方からは、不自然で違うとの声がおおかったのですが、

他府県の方からは、福井弁の評価がよかったようです!

私も、福井県民ではないのでこっちよりの意見です(*´ω`*)

自分なりに「福井弁」について分析してみたのですが、

「福井弁」のなまりってどれもこれも怒っている印象を相手にもたれないような気がします。

そのなまりが、相手にとって聞き心地が良い方言になっていると推測できました。

優しい雰囲気って、話し方一つで変わってきますものね(*´ω`*)

まとめ

ドラマ「チアダン」で「福井弁」が不自然で違うと言われているのは、「チアダン」キャストの福井県民にななろうとしている努力のあらわれだと推測できます。

でも、私は「チアダン」で「福井弁」がかわいいと思った内の一人なので、これはこれでアリかなと思っています。

今後の「チアダン」でも若手女優さんが「福井弁」を話すことを楽しみにして毎週放送を見ていきたいと思います!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする