【動画】山口蛍がベルギーカウンター棒立ちで下手くそ!ヘタレとの声も…

Pocket

日本のサッカーロシア杯が終了しました。

まずは、選手の皆さんにたくさんの夢を与えてくれてありがとうと言いたいですね。

また、ベルギーに対して3対2で敗北という事ですが、、、

ベルギー相手によくやった!

だって、ベルギーはFIFAランキング3位ですよ!

その相手に、2得点を取れるなんて誰が思ったことでしょうか。。。

しかし、そんな日本対ベルギー戦でこの選手はいらなかったとの声があります。

その人物とは、「山口蛍」選手です!

今回は、日本対ベルギー戦で一番いらなかったと言われている「山口蛍」選手についてご紹介させて頂きいます。

山口蛍 ベルギーカウンターに棒立ち動画とは?

問題の「山口蛍」選手の棒立ち動画がこちら↓

確かに、ベルギー選手「デ・ブライネ」選手のカウンターに対して、「山口蛍」選手(背番号16)は棒立ちで待ち受けているように見えます。

この、「山口蛍」選手プレーに対してネットではさまざまな意見が寄せられています。

「山口蛍」選手に対して、厳しい意見やフォローする意見さまざまですね。

個人的には、「山口蛍」選手が棒立ちで待ち受けるのではなく、後ろに下がりながら守備に徹底したほうがよかったのでは?なんて思っています。

山口蛍が下手くそと言われる理由とは??

「山口蛍」選手を調べてみると「下手くそ」なんてキーワードがHITします。

もちろん、「山口蛍」選手が下手くそな訳がありません!

だって、わが国サッカーの日本代表ですから。

しかし、1つのプレーのせいで得点をとられたとなると、応援していたサポーターからの批判は強いですね(;^ω^)

個人的には、「山口蛍」選手の棒立ちには考えがあったものだと思っております。

その理由は、「山口蛍」選手の「ボール奪取能力」と「インターセプト」に関しては、Jリーグの中でも指5本の実力者だからです。

実際、「山口蛍」選手がいると守備面では安心感がでます。

しかし、攻撃面が圧倒的に足りないとの声があります。

確かに「山口蛍」選手が、縦パスを入れてのチャンスを作ることが見かけられないですね。。。

このような理由から、サッカープレーに関してオフェンス面で目立たない為、「山口蛍」選手が「下手くそ」といわれるようになったと考えています。

山口蛍がヘタレと言われる理由とは??

「山口蛍」選手を調べると、ネガティブワードが出るわ出るわ(;^ω^)

今度は、「山口蛍」選手がヘタレと言われている理由ですが、、、

2015年にドイツ・ブンデスリーガの「ハノーファ96」に海外移籍をしたのに、半年でセレッソ大阪に帰ってきたことが原因と言われています。

これには、「山口蛍」選手が「ホームシックになったから帰ってきた」とネット言われています、、、

しかし、良く調べてみると「山口蛍」選手が日本にわずか半年で帰ってきたことにはちゃんとした理由がありました。

その理由とは、、、

顔面骨折によるケガです!

日本代表のシリア戦で顔面を骨折してしまったことで長期離脱を余儀なくされてしまっていたのです。

復帰した時期には、チームが降格争いの真っ最中で「山口蛍」選手を試す余裕もチームにはなかったのです。

その結果、加入してわずか6試合のみの出場にとどまり、チームも2軍に降格となってしまいました。。。

自分を必要とされていないチームに長居する必要はないですよね!

個人的には、「山口蛍」選手のセレッソ復帰は正解だったと思います。

プロって大変ですね(;^ω^)

ですので「山口蛍」選手は「ヘタレ」ではなく、苦渋の決断の末、日本に戻ってきたんですよ!

「ホームシック」という理由は、ガセネタです。

まとめ

サッカー日本代表に、おおきな感動を頂きました!

「山口蛍」選手の棒立ちプレーが目立っていますが、考えての行動だと思われます。

1つのプレーを批判するのではく、日本に帰ってきたときには大きな拍手で迎えてあげましょう!

民度の低い行為は控えるようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする