【衝撃】東海道新幹線で殺傷事件!犯人の名前・動機がヤバすぎる!

Pocket

東海道新幹線「のぞみ」で大変な事件がおこりました!

なんと、ナタで人の首を切りつけ男性一人が死亡、女性2人が重症のようです。

ナタで3人を切りつけた犯人は、もうすでに警察に捕まりましたが・・・

犯人の犯行動機がサイコパスすぎるんです。。。

東海道新幹線で殺傷事件

事件が起こったのは、6月9日21時50分ごろで「新横浜」から「小田原」を走行中の「のぞみ265号」でおきました。

車両名での惨劇はヒドイものです。。。

なんと、刃物で人の首元を切りつけるといった衝撃的な事件です!

現場の惨劇の写真が、ツイッターなので公開されているのでどうぞ↓

血が事の惨劇を物語っていますね。。。

残念なことに、女性2人は重傷で、男性1人は死亡が確認されたそうです。。。

新幹線の事件って過去にもヒドイものがあったので、今回もまたかって感じです。

新幹線も空港みたいに持ち物チェックが今後必要になってくるかもしれませんね。

でないと、また凶器を新幹線にもちこみ惨劇が起こる可能性が十分に考えられます。

もちろん、犯人が一番悪いのですが駅の責任もあることは間違いないでしょう!

東海道新幹線・殺傷事件の犯人の名前とは??

東海道新幹線・殺傷事件の犯人の名前は、「小島一郎」です。

なんと、まだ若く22歳との事です。

名前や年齢は、現在のところ偽名を使っている可能性も考えられるのですが、

報道などをみていると、まずこの名前は確かな情報のようです↓

東海道新幹線・殺傷事件の犯人の動機とは??

ハッキリ言ってこの動機が本当なら、犯人はサイコパスだといっても過言ではありません。

動機は、「むしゃくしゃしてやった」との事です。

犯人の思考がヤバすぎです、、、

常人の思考では、犯人の動機は全く理解できないでしょうね。。。

むしゃくしゃして人に切りかかるってヤバいやつですね。

日本版の「切り裂きジャック」のようです。

まとめ

東海道新幹線で殺傷事件の犯人の名前は、「小島一郎」です。

犯行の動機は、「むしゃくしゃしてやった」との事です。

駅の安全強化を徹底してほしいものですね。

せめて凶器の持ち込みができないように安全策を考慮してもらいたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする